カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. LDL >
  6. LDLコレステロール値を下げるには?食生活を改善しよう!

健康診断・健康管理

LDLコレステロール値を下げるには?食生活を改善しよう!

 

LDLコレステロール値は、健康診断や献血後の通知などでみられる数字です。これはコレステロールが高いかどうかを示したもので、今後生活習慣病になるかどうかを判断する基準ともなります。生活習慣病は現代に多い病気ですし、その後重篤な病気を併発する可能性もあります。それではLDLコレステロール値を下げるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

肥満解消でLDLコレステロール値を下げる

摂取されたコレステロールは血中に入り、体内で合成されます。コレステロールは脂質だけでなく糖質やたんぱく質も合成の原料とするので、食べすぎがコレステロール値上昇を招きます。肥満症の人はコレステロール値が高い傾向にあるので、肥満を解消することでLDLコレステロール値を下げることが出来ます。取カロリーが多ければ多いほど、コレステロール合成が促進されるので、カロリーを控えた食事で、暴飲暴食を避けるようにしましょう。

 

食事の仕方

ドカ食いや暴飲暴食など、一度に食べる量が多いと体内にエネルギーが急速に入ることになり、コレステロールの合成が盛んになってしまいます。一度に食べる量と、摂取カロリーを抑えることで、コレステロールの合成を抑えるようにしましょう。

 

朝食を抜かない

朝食を抜くことで、次の食事で沢山食べてしまうことになり、エネルギーやコレステロールを余分に吸収することになってしまいます。朝食は抜かずにしっかりと食べるようにしましょう。

 

夜食は食べない

睡眠中は摂取したエネルギーやコレステロールを蓄えるようになっています。そのため睡眠前に食べたものはそのまま体に蓄積されてしまうのです。夜食や睡眠前の食事は控えるようにしましょう。

 

偏食をしない

スナック菓子やインスタント食品には、コレステロールが高いものが多いです。肉ばかりといった偏った食事も、コレステロールが増える原因ともなります。 栄養バランスの取れた食事内容を心がけましょう。

 

暴飲暴食はしない

一度に沢山食べると、コレステロールの合成が促進されてしまうことになります。ドカ食いや、早食い、暴飲暴食を止めて、コレステロールの合成を緩やかなものにしましょう。また暴飲暴食は肥満の原因ともなりますので気をつけるようにしましょう。

 

規則正しい食生活を送ることでLDLコレステロールを上げることを防ぐことができます。もうすでにLDLコレステロール値が高い人も、今後の食生活を見直し改善することで数値は下がってきますので、是非実践できるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20131037274post-3331.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

LDLに関する記事

LDLコレステロールはこんなにも怖い!狭心症や心筋梗塞、脳卒中を引き起こす可能性が…

    血液検査を受けたらLDL数値が異常に高かった・・・、会社の健康診...

血液検査で解る!“LDL”って何?LDL数値を上げないための予防策を知ろう

      動脈硬化や中性脂肪などを引き起こす原因とも考えられるものにLD...


無理なく長期間、を目標に!コレステロール数値を下げる

   健康診断でLDLコレステロール値が高く、改善するよう指導を受けること...

LDLコレステロールが関係する3つの恐ろしい病気、ご存知ですか?

  健康診断の項目の中でもコレステロール値については気にしている、という方は多...

カラダノートひろば

LDLの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る