カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. ALT(GPT) >
  6. 健康診断でAST・ALTの数値が高かった…肝臓にいい●●を食べて下げよう

健康診断・健康管理

健康診断でAST・ALTの数値が高かった…肝臓にいい●●を食べて下げよう

 

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーセ)、ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)は肝臓病の有無を調べるときに確認される血液検査の項目です。

 

AST・ALT…これらは何を知る値?

ASTは身体を作るうえで重要な構成要素であるアミノ酸を作り出す酵素のひとつで、特に肝臓や心臓、骨格筋、腎臓の細胞に多く含まれています。ALTは肝臓、腎臓、心筋、骨格筋などの細胞に含まれていますが、特に肝臓に多いことから、急性肝炎や、慢性肝炎、肝硬変などの肝疾患を診断する上で重要になってきます。

 

数値が100以下で指摘された人はバランスの良い食事!

 

健康診断で100以下の数値で指摘された人のほとんどは脂肪肝が原因とされています。実は脂肪も肝臓に負担をかけているのです。脂肪は活性酸素と結びついて過酸化物質となり、周りの細胞を傷つけるとされています。

また、脂肪は、細胞内でミトコンドリアの暴走を引き起こし、それが肝臓を傷つけることにつながるとされています。

脂肪肝が原因だとすれば、数値を下げるためにはバランスのよい食事をすることが一番です。

 

肝臓にいい食べ物!それはシジミ!!

肝臓専門の医師も認める食品、それはシジミエキスです。シジミにはたんぱく質やビタミン、ミネラル、タウリンなどが豊富に含まれており、これらの栄養素は肝機能を守るために必要なものです。

その中でもタウリンを肝臓に十分に補えば肝細胞が傷つくのを防ぐことができ、肝炎などで壊れてしまった肝細胞を修復する際にも役に立ちます。

また、肝細胞でのATPという酵素の合成を高める働きもしてくれます。慢性肝炎のときなどに注射でATPを補うと、肝細胞が元気を取り戻し、AST,ALTの値を改善してくれる効果があります。

 

今は、お味噌汁やスープなどでもシジミ何個分!というものをよく見かけますよね。そういったものを使って補うのも良いでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/07-366711.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ALT(GPT)に関する記事

ASTとALTを下げるためには…断酒、運動不足改善、ハイカロリーな食事をしない!

  なんだか肝臓に違和感があるな・・・会社の健康診断や人間ドックで中性脂肪...

夫の健康診断で驚愕!肝臓系に危険信号!?AST・ALT・γ-GTPで注意すべき数値を知ろう

  旦那様が会社で受けた健康診断の結果表を見たり、人間ドックの結果表を見て...


肝臓からのSOS!ALTの数値が高い方への改善法とは

  健康診断などの結果を見ると、ALTという項目があるのをご存じですか? ...

知っておきたいAST・ALTの正しい意味!子どもの値はどうなる?

  肝臓の細胞がウイルスや薬物、がんなどによって破壊されると、血中にASTやA...

カラダノートひろば

ALT(GPT)の関連カテゴリ

ALT(GPT)の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る