カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. CRP(定量・定性) >
  5. ダークチョコでCRP値が下がる?!

健康診断・健康管理

ダークチョコでCRP値が下がる?!

 

身体のどこかに炎症や細胞の破壊が起こると、血液中に大量に現れる物質に「C反応性蛋白」があります。このCRP値が基準値を超えている場合、身体のどこかで感染症や、自己免疫病、悪性腫瘍を発症している可能性があります。このCRPは病気の早期発見や、重症度、その経過などを見るのにとても役に立っています。

 

 

CRP値を下げたい!

前述でも述べたとおり、CRP値は身体のどこかで炎症が起こっているときに現れるものですので、CRPの検査だけではどこで炎症が起きているのか特定できません。ほかの検査を併用し、部位を特定しましょう。CRP値を下げる=炎症部位を改善するということになります。炎症部位を治療することによってCRP値はさがってきますので、原則としては医師の下、診断、治療をしましょう

 

喫煙や、高血糖状態はCRP値上昇?

喫煙や高血糖状態というのは、身体に小さな炎症を与えるとされ、CRP値を高くするとされており、これは喫煙者や糖尿病の方にがんが多いとされている説と一致しています。CRP値を下げたい、あげたくないという思いがあるのであれば、禁煙するのが一番よいでしょう。

 

ダークチョコレートはCRP値を下げる?

日常的にダークチョコレートを食べている人は普段食べていない人に比べ、CRP値が低いという報告があります。特に、カカオを多く含んでいるものがいいようです。

多くの病気は身体に炎症が起きている状態です。この炎症を抑えるのが、野菜や果物チョコレートに含まれているポリフェノールです。

これらはフラボノールなどの酸化を抑える働きをもつ食材のため、そうした食品を食べることがCRP値を下げるのに効果があるようです。

 

CRP値の上昇は身体のどこかで炎症が起きているのは確実です。最初は原因不明と診断されるかもしれませんが、時間をかけてでも炎症部位を明らかにし、治療に専念しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/02/05-033507.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

CRP(定量・定性)に関する記事

CRPがガンのマーカーとして活躍!?CRP値によってガンの『なりやすさ』がわかる

  CRPはC反応性たんぱくがあるかないか、あるとしたらどれくらいあるかを測る...

CRPを数値で表す定量検査法 定量法の正常値を知って体に異常がないか確かめよう

  血液検査の表記の中にCRPという値があり、この数値が高いと医師から再検査が...


CRP・白血球検査2つの基準値は大丈夫?異常値でわかる病気

  白血球はウイルスなどに犯されると、数が増えウイルスと戦おうとします、また、...

炎症がひどければひどいほど高い!CRPの異常値を知ろう

血液検査のCRP検査というのはC反応性たんぱくというたんぱく質を調べる検査で...

カラダノートひろば

CRP(定量・定性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る