カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. CRP(定量・定性) >
  5. C反応性蛋白の検査をすると何が分かるの?

健康診断・健康管理

C反応性蛋白の検査をすると何が分かるの?

 

C反応性蛋白は別名CRP(C‐リアクティブ・プロテインの略)と言います。

体内で炎症反応や、組織の破壊などが起きているときに血清中に増加するたんぱく質で、肺炎球菌が持っているC多糖体と結合するため、C反応性蛋白と名づけられました。

当初は肺炎に特有の蛋白と考えられていましたが、炎症や組織破壊のある病気に陽性反応を示すため、この検査で病気を特定することはできません。

 

 

C反応性蛋白の検査ってどうやるの?

毛細管法と、生化学的な定量法の2種類があります。

・毛細管法

血清を毛管にいれ、そこにCRP坑血清を入れます。37度の温度で2時間、4度の温度で一晩冷やします。血清中にC反応性蛋白があれば、CRP抗血清と反応して白い沈殿物が出ます。その沈殿物があった場合は陽性、なかった場合は陰性となります。

 

・定量法

数値で示す検査法です。抗原抗体凝集物の度合いを装置により光学的に判定して、測定データにより定量化(数値化)して、測定値の度合いにより、重症度を判断します。

 

C反応性蛋白の検査をすると何が分かるの?

C反応性蛋白は炎症が起きたとき、24時か以内に急増し、2、3日後には減少するので炎症等の早期診断に役立ちます

また、ほかの検査と併用することによって急激な組織の破壊や、病気の重症度、経過、治療成績などを判定することができます。

また、狭心症ではCRP値は陰性になりますが、急性心筋梗塞では陽性(高値)となりますので、これらを鑑別する材料としても用いられています。さらに、クラミジアなどによる慢性炎症が急性心筋梗塞の原因となることが近年の研究で判明し、このような場合にも低濃度のCRPの上昇が認められます。

 

異常が見られたら?

C反応性蛋白の検査結果だけでは判断はできないので、各種の検査を総合して判断が下されます。炎症疾患の回復期や、潜在的な細菌感染症が疑われる病体では、症状、病勢にあわせて繰り返し検査を行っていきます。

また、風邪などでもCRP値が上昇することもありますので、この場合は症状が落ち着いたときに再検査し、潜在的な炎症や疾患の有無を判定します。

 

C反応性蛋白の検査は気の進行度、重症度、経過、予後などを知る大切な検査なのですね。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

CRP(定量・定性)に関する記事

CRPを数値で表す定量検査法 定量法の正常値を知って体に異常がないか確かめよう

  血液検査の表記の中にCRPという値があり、この数値が高いと医師から再検査が...

CRP定性検査、結果はどう見るの?

  肝臓で作られる物質にC反応性蛋白という物質があります。これは体の中で炎症が...


血液検査の値CRPについて知ろう!CRPによって体の異常を早期に察知できるんです!

  健康診断などで血液検査をすることが多くありますが、その中にCRPという値が...

CRPが高いとどんな疾患の可能性があるの?

C反応性蛋白は血液は体中に巡っているという特徴からか、それを検査しただけで体...

カラダノートひろば

CRP(定量・定性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る