カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. CRP(定量・定性) >
  5. 体に異常があると血中に増えるC反応性蛋白の数値を知ろう!

健康診断・健康管理

体に異常があると血中に増えるC反応性蛋白の数値を知ろう!

 

人間ドックや健康診断で行われる血液検査は知らない数値もたくさんあって、医師から指摘されない限り、あまり深く考えてみないことが多いと思います。

ここでは血液検査の中で体の中の疾患の可能性を指摘するC反応性蛋白の値について書いていきます。

 

CRP

C反応性蛋白はCRPという表記で血液検査の結果に記されています。体に異物が入り込んだり、異常があったときに、そこで体のために戦う働きをするものに、白血球などの免疫細胞があるのを知っている人は多いと思います。

C反応性蛋白は白血球に先行して炎症などが起きている場所に行き、目印などの役割として免疫機能を補助しているものと考えられています。

 

CRPの値

上記の通り、体の中に異常があったときに血中に増えるのがC反応性蛋白です。そこで気になるのがCRPの正常値ですね。以下でその具体的な値について見ていきましょう。

0.3mg/dL以下…一般的な基準値

 

0.4~0.9mg/dL…軽い炎症が検討される値

1.0~2.0mg/dL…中程度の炎症が検討される値

2.0~15.0mg/dL…中程度以上の炎症が検討される値

15.0~20.0mg/dL…重体な疾患を発病している可能性が検討される値

以上に見られるように数値が大きくなるほどに炎症の度合いが高くなっていきます。

また、ここでは炎症と書いていますが、炎症の他に細胞の破壊が進んでいる状態である可能性もあります。

 

ただし

上記に示した数値はあくまで一般的なCRP数値の指標であり、基準値内であっても疾患の可能性や、何らかの症状が出ている可能性がまったくないということにはなりません

もっと細かく調べれば将来的な心筋梗塞の可能性なども指摘することができます。

 

CRPは可能性を示す値です。高い場合は特に体に何らかの異常が生じていると思った方がよいでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019793.php?category=265])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

CRP(定量・定性)に関する記事

C反応性蛋白の検査をすると何が分かるの?

  C反応性蛋白は別名CRP(C‐リアクティブ・プロテインの略)と言います。 ...

少しの高値なら…生活習慣の改善で下げられる!CRP値

血液検査の値の中にCRP値というものがあります。健康診断などでもおなじみの値で...


CRPが高いとどんな疾患の可能性があるの?

C反応性蛋白は血液は体中に巡っているという特徴からか、それを検査しただけで体...

CRPを数値で表す定量検査法 定量法の正常値を知って体に異常がないか確かめよう

  血液検査の表記の中にCRPという値があり、この数値が高いと医師から再検査が...

カラダノートひろば

CRP(定量・定性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る