カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. マンモグラフィーとはどんな検査?

女性のカラダの悩み

マンモグラフィーとはどんな検査?


マンモグラフィーという検査をご存知ですか?
世間一般的にはマンモグラフィー=乳がんの検査と思っている人が多いと思いますが、乳がんだけでなくほかの病気の検査にも使用されます。がん、乳腺症、乳腺線維腺腫(良性腫瘍)などです。

また女性だけでなく男性も乳がんにかかる確率があるため、男性に使用することもあります

マンモグラフィーの検査は、二枚の板で乳房を挟みこんでX線撮影するというものです。
痛みもありますが、乳房をひらぺったくすることで、しこりや乳腺を撮影しやすくします。また、被爆を抑えるという効果もあります。
特に超音波検査では深部まで届かないという乳房の大きい方脂肪の多い方はマンモグラフィーがおすすめです。
胸のしこりの痛みが強い人や若年者、妊娠中の人は超音波検査をすることが多いようです。

 

検査方法
1.上半身は裸になります。
2.片方ずつ検査します。胸乳房全体が写るように前に引っ張りながら検査台に乗せます
3.乳房の厚みが4~5cmになるまで、二枚の板で上下から挟み込みます
4.数秒程度で撮影をします
5.上下からの撮影が終われば、斜めからの撮影も行います

検査時間は10分程度で終わる簡単なものです。

 

乳がんの女性が急増!


近年では乳がんの女性が急増しています。
しかも乳がんは死亡率が大変高く、交通事故で亡くなる人を上回るほどだと言われています。
そのため、マンモグラフィー検査は乳がんにはなくてはならない検査の一つです。
乳がんの危険因子としてこのような人が挙げられます。
・ 近親者に乳がんの人がいる
・ 乳腺疾患にかかったことがある
・ 高年初産
・ 出産未経験者
・ 肥満
・ 初潮年齢が遅い
・ 閉経後の女性ホルモン剤の長期使用
・ 飲酒
・ 喫煙
このような危険因子が複数当てはまる場合は注意が必要です。


早期発見のためにも、マンモグラフィーによる定期的な検査をオススメします。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/31-374666.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

超音波で、切らずにがん細胞を死滅!最新乳がん治療法『FUS』とは?

  『メスを使わず日帰り可能』、最新の乳がん治療法とは?   現在、乳...

ブラジャーをすると乳がんになる?それとも関係ない?最新研究の結論はいかに!?

   乳房を失う可能性もある乳がんは、女性であれば避けたいところです。では生活の...


乳がん検査で行う超音波検査、具体的に知りたい!

  乳がん検診を受けると触診やマンモグラフィの他に乳腺超音波検査という検査をし...

乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合、その後は?

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳が...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る