カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. RF >
  5. 健常者でも高値が出ることが!?RF定量値は下げるべき?

健康診断・健康管理

健常者でも高値が出ることが!?RF定量値は下げるべき?

 

血液検査で分かるものにRF定量値という数値があります。これはリウマトイド因子という物質の血中の量を示すものです。

 

完全には信用できないRF定量値

RF定量値はよく関節リウマチとの関係で語られることが多い数値です。確かにRF定量値は関節リウマチ、特に悪性の関節リウマチで高値を出すことが知られています。

RF定量値と関係があるのは関節リウマチだけでなく他の免疫性疾患などでも数値が高くなることがあるのですが、関節リウマチで最も数値の上昇が見られやすいのです。

そうは言っても関節リウマチを発症している患者でさえ約7割にしか数値が高くなりません。

つまり残りの3割の人は関節リウマチを発症していてもRF定量値が高くならないのです。

 

RF定量値は下げるべき?

上記のように完全な疾患の指標にはなり得ないのがRF定量値なのですが、もっと言えばこれは健常者でも高値が出ることがあります

健常者の1~5%、そして高齢者になると約10%、特に男性よりも女性の方が高値が出やすいという特徴があります。

では、体の異常がないのにRF定量値が高くなる人はその値を下げるように何らかの方法をとるべきなのでしょうか?

 

他の値と照らし合わせて

おそらくRF定量値を検査する際に他の値も調べると思います。そういった他の数値や、自覚症状などを医師と話し合った上で問題がないのであれば経過観察でよいでしょう。

ですが、そのまま放っておいて良いということではなく、定期的に検査を受けてRF定量値を確認していくということは必要になります。

 

健康体でRF定量値が高値になるというメカニズムはよく分かっていません。RF定量値の高値は一過性で済んでしまう場合もありますので、気にしながらも健康的な生活を送ることが重要でしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/17-354852.php?category=403])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

RFに関する記事

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値

  血液検査で分かることは様々ありますが、項目の一つにRF定量値という項目があ...

リウマチ因子(RF)検査での注意点とは?

       検査項目の1つにRFというものがあります。「これは一体何を示して...


検査項目の「RF」って一体何のことなの?

             検査項目「RF」とは一体何を調べているのでしょうか...

自己免疫疾患を引き起こすタンパク質、RF(リウトマイド因子)…RF検査では偽陽性も多いって本当?

  関節リウマチは免疫異常によって関節が腫れる・関節が痛むなどの症状がでて日常...

カラダノートひろば

RFの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る