カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. RF >
  5. RF定量値を下げたい!できることとは?

健康診断・健康管理

RF定量値を下げたい!できることとは?

 

血中にリウマトイド因子という物質が多くなると、RF定量値という値が高くなります。

このRF定量値は免疫性の疾患などがあると数字が大きくなるのですが、そうでなくても高値になることがありますし、逆に免疫性疾患であっても高値にならないことがあり、これだけで全てを判断できるという万能な数値ではありません。

 

 

健康なのに数値が高くて再検査?

リウマチや膠原病を生じているわけでもなく、体の不調を感じているわけでもないのにRF定量値が正常値よりも高くなる場合があります

その場合、同時に検査した他の値も一緒に見てその人に疾患の徴候がないかなど、RF定量値が高値になっている理由を探すのですが、場合によってはその場で判断をするのではなく、経過観察をしてからもう一度RF定量値を調べることがあります。

 

その間にできることって?

理由が分からずRF定量値が高値になってしまっているのであれば、次の再検査までにRF定量値を下げたいという気持ちが働くと思います。

しかし、健常者でRF定量値が高値になる理由は分かっておらず、そのため対処方法もはっきりとしたことは分かっていません

そのため次の検査までにできることは何かと言ったら、健康的な生活です。

適度な運動と質の良い睡眠、そして何よりも栄養バランスの良い食事を適切な量、適切な回数食べるといった基本的なことがRF定量値を下げることにおいて、できることなのです。

 

ポリフェノールがいい?

RF定量値を下げるのにポリフェノールが良いと言われることもあるようです。ポリフェノールが多く含まれる食べ物は様々ありますが、やはり基本はバランスのとれた食事です。

その上でポリフェノールを特に取りたいということであれば、野菜や果物などをなるべく皮ごと食べるようにするとよいでしょう。

 

RF定量値を下げるには普段の生活の中で怠惰なところを改め、健康的な生活に変えていくことが重要ということでしょう。

 

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2011/07/14-348450.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

RFに関する記事

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値とは?

年齢が高くなってきたからリウマチの検査をという人もいると思います。血液検査を...

RFの値を調べる定性検査と定量検査って?

  高齢になったことで、リウマチの検査を受ける人もいると思います。血液検査など...


リウマチ因子(RF)検査での注意点とは?

       検査項目の1つにRFというものがあります。「これは一体何を示して...

RFの値を調べる定性検査と定量検査って?その数字を知っておこう!

  血液検査で分かるものにRF定量値という数値があります。これはリウマトイド因...

カラダノートひろば

RFの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る