カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. RF >
  5. RFの値が高いと関節リウマチの可能性が?

健康診断・健康管理

RFの値が高いと関節リウマチの可能性が?

年齢が高くなってきたからリウマチの検査をという人もいると思います。血液検査をするといろんな数値が分かりますよね。

その中でも「RF定量」という項目があり、この数値が高いと一般的にリウマチだといわれています(まれに数値が高くても症状が出ない人もいます)。

ではその診断基準のRF定量とは何でしょうか?

 

RFってなに?

RFとはリウマチ因子のことを指します。このRFは人のIgGと呼ばれる抗体に対する自己抗体で、関節リウマチ患者の約70~90%の人はRF値が高いとされています。

このように関節リウマチに関係しているので、関節リウマチの診断補助、リウマチ以外の関節炎をおこす疾患との区別をする材料ともなります。

 

RF値が高いと関節リウマチ?

RF値が高ければ関節リウマチと思うかもしれませんが、それは間違いです。

確かに前述のとおり、関節リウマチを患っていると、高頻度で高値(陽性)を示しますが、膠原病(こうげんびょう)や、ほかの疾患でも高値を示すことがあります

また、健常者や、高齢者でも高値を示すことがありますので、このRF検査のみで関節リウマチと判断されることはありません

 

関節リウマチを診断する検査

関節リウマチを診断する検査として、RFを調べるRAテストというものが行われます。

 

採血をして、ラテックス粒子に抗体を吸着させ、凝集反応を調べます。

<基準値>

RF定性 陰性(-)

RF定量 20IU/ml以下

 

陰性または、基準値内であれば正常とされますが、関節リウマチであったとしても、約20%の人は陰性が出ます。

関節リウマチは関節に現れる症状がとても重要な診断基準となりますので、症状が出ていて、陰性になった場合は関節のX検査、血沈、CRP、抗核抗体、補体価、貧血の検査などをして、最終的に診断を下します

陽性、あるいは基準値を超えている場合は、関節リウマチ膠原病の疑いがあります。

しかし、まれに健康な人や、肝硬変、悪性腫瘍、感染症を起こしている人でも陽性反応が出ることがあります。その場合も、ほかの検査をして、最終的に判断されます。

 

定量検査の数値の高い低いは、必ずしも病状の良し悪しを反映しているものではありません。

むしろ、数値の変動を見ることが大切です。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

RFに関する記事

リウマチ因子(RF)検査での注意点とは?

       検査項目の1つにRFというものがあります。「これは一体何を示して...

RFの値を調べる定性検査と定量検査って?

  高齢になったことで、リウマチの検査を受ける人もいると思います。血液検査など...


数値で表記される定量法、その数字を知っておこう

  リウマチなどの検査をしようと血液検査をした際にRF定量値という項目がありま...

RF定量値を下げたい!できることとは?

  血中にリウマトイド因子という物質が多くなると、RF定量値という値が高くなり...

カラダノートひろば

RFの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る