カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値とは?リウマチ検査の注意点!

健康診断・健康管理

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値とは?リウマチ検査の注意点!

年齢が高くなってきたからリウマチの検査をという人もいると思います。血液検査をするといろんな数値が分かりますよね。

その中でも「RF定量」という項目があり、この数値が高いと一般的にリウマチだといわれています(まれに数値が高くても症状が出ない人もいます)。

ではその診断基準のRF定量とは何でしょうか?

 

RFってなに?

RFとはリウマチ因子のことを指します。このRFは人のIgGと呼ばれる抗体に対する自己抗体で、関節リウマチ患者の約70~90%の人はRF値が高いとされています。

このように関節リウマチに関係しているので、関節リウマチの診断補助、リウマチ以外の関節炎をおこす疾患との区別をする材料ともなります。

 

RF値が高いと関節リウマチ?

RF値が高ければ関節リウマチと思うかもしれませんが、それは間違いです。

確かに前述のとおり、関節リウマチを患っていると、高頻度で高値(陽性)を示しますが、膠原病(こうげんびょう)や、ほかの疾患でも高値を示すことがあります。

また、健常者や、高齢者でも高値を示すことがありますので、このRF検査のみで関節リウマチと判断されることはありません。

 

関節リウマチを診断する検査

関節リウマチを診断する検査として、RFを調べるRAテストというものが行われます。

 

採血をして、ラテックス粒子に抗体を吸着させ、凝集反応を調べます。

<基準値>

RF定性 陰性(-)

RF定量 20IU/ml以下

 

陰性または、基準値内であれば正常とされますが、関節リウマチであったとしても、約20%の人は陰性が出ます。

関節リウマチは関節に現れる症状がとても重要な診断基準となりますので、症状が出ていて、陰性になった場合は関節のX検査、血沈、CRP、抗核抗体、補体価、貧血の検査などをして、最終的に診断を下します。

陽性、あるいは基準値を超えている場合は、関節リウマチや膠原病の疑いがあります。

しかし、まれに健康な人や、肝硬変、悪性腫瘍、感染症を起こしている人でも陽性反応が出ることがあります。その場合も、ほかの検査をして、最終的に判断されます。

 

定量検査の数値の高い低いは、必ずしも病状の良し悪しを反映しているものではありません。

むしろ、数値の変動を見ることが大切です。

 

 

RF検査も含まれる!リウマチを見つけるために必要な検査

自己免疫疾患とは自分の免疫で自分の細胞を傷つけてしまう疾患で、本来は外から入ってきても問題のない物質を攻撃したり、自分の体内にある物質を攻撃したりします。

例えば膠原病やリウマチ、アレルギーなどは自己免疫疾患の代表格で、日本国内には50万人を超える関節リウマチ患者がいると考えられています。

そんなリウマチを早く見つけるための指標のひとつがRF検査で、ほかにもリウマチを見つける検査はいくつかあります。

 

RF検査は指標のひとつ

まずリウトマイド因子検査、つまりRF検査は指標のひとつに過ぎず、リウマチの活動性を正確に知るためにはほかにも検査が必要なことを覚えておきましょう。

関節リウマチの患者がRF陽性の場合は関節リウマチが進行している、腫れなどがみられるケースが多いです。

なお、血液のRF検査の基準値は19㎎/dl以下が正常(陰性)、40㎎/dl以上で関節リウマチの可能性が検討されます。

 

血沈検査とCRP検査

関節リウマチとより深い関係性にある検査が血沈検査とCRP検査で、どちらも方法は血液検査です。

血沈検査は赤血球沈降速度検査という正式名称を持っており、赤血球がある凝固剤に沈む速度と長さを測ります。1時間で何ミリ沈んだかを出すのです。

関節リウマチになっていると血沈速度が速まって、1時間で100ミリ以上沈む場合があります。

CRP検査では血液中のタンパク質を測りますが、CRP検査で測るC反応性たんぱくはリウマチの炎症が起きているときにしか現れません。

 

日本国内だけでも数十万人の患者がいる関節リウマチの検査ではリウトマイド因子検査、RF検査が有名ですが、そのほかにも血沈検査やCRP検査などの血液検査からも複合的に判断します。

また、間接液の検査、骨の検査も重要です。

 

 

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値

血液検査で分かることは様々ありますが、項目の一つにRF定量値という項目があります。

RF定量値はリウマチ因子と言われることが多く、リウマチやその他の疾患と深く関係のある項目です。

 

リウマチ因子を言われるが…

RF定量値の値はリウマチ因子と言われますが、このRF定量値の項目は男性では健診の項目に入っていないことも多く、健康な人でも高く出る場合もある数字です。

一般的には重症の関節リウマチや関節外症状を伴う悪性関節リウマチではRF定量値が高値を示す例が知られていますし、関節リウマチの予後を知るのに重要な要素ではあります。

ただしRF定量=関節リウマチとなるわけではありませんので、RF定量値は関節リウマチにおいて特異的でないという言われ方をします。

 

リウマチ治療におけるRF値の変動

そうは言ってもRF定量値はリウマチに関係する値です。

従来はリウマチ治療によるRF定量値の変動は少ないと考えられていたのですが、免疫疾患の治療研究がなされてきたことによってRF治療に免疫抑制剤が用いられるようになり、臨床症状の改善に伴ってRF定量値の減少が見られるようになったと報告されています。

このことから臨床上でRF定量値の変動は、一つの指標として重要な意味を持つとされています。

 

関節リウマチ以外では?

上記にリウマチ以外でも高値になることがあると書きましたがでは、どのような疾患でRF定量が高値になるのでしょうか。

RF定量値が高値になるのは以下のような場合です。%は陽性と出る割合です。

ちなみにリウマチの場合特に悪性関節リウマチで80~90%の割合で陽性になります。

 

・健常人:約5%

・高齢者:約10%

・膠原病:30~70%

・変形性関節症:約10%

・肝疾患、特に肝硬変:約50%

 

他にも慢性肝炎やシェーグレン症候群、強皮症、全身性エリテマトーデスと言った疾患においてRF定量が高値(陽性)になることがあります。

 

リウマチ因子という言葉に惑わされず、他の疾患の可能性があることも考慮して検査結果を判断するべきでしょう。

 

 

リウマチ因子(RF)検査での注意点とは?

検査項目の1つにRFというものがあります。「これは一体何を示している項目なの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、RF因子とはどういうものなのかを説明していきます。

 

リウマチ因子(RF)とは?

リウマチ因子(RF)とは、免疫グロブリンの1つで「IgG」と呼ばれる抗体に対する自己抗体です。検査項目では「RF」、俗に言うところの「リウマチ因子」の正式名称はリウマトイド因子と呼ばれています。関節リウマチを発症している患者さんの約80~90%の方が、リウマチ因子(RF)の血液検査において陽性反応を示しています(基準値の場合だと陰性)。

 

ですから、このリウマチ因子の血液検査で陽性反応を示す性質から、関節リウマチが疑われる場合にリウマチ因子(RF)の測定を行います。その検査結果によって関節リウマチであるかどうかを確認するのが一般的です。ただし、この検査による結果は、関節リウマチを発症していない場合でも、陽性反応が出る確率も数パーセントあります。また、陽性反応が出たからといって将来的に必ず関節リウマチを発症するというわけでもありません。

 

リウマチ因子(RF)検査の注意点

リウマチ因子(RF)検査で注意しなくてはいけないのは、リウマチ因子の定性は関節リウマチを診断する上では、あくまでも参考程度の数値でしかないということです。もちろん、重要な検査ではないというわけではありません。関節リウマチの診断をする上での1つの指標でしかないという意味で、関節リウマチを特定する因子ではないということです。

 

また、関節リウマチであるかもしれないという場合には、その可能性を検討する上で、リウマチ因子(RF)検査の他にも、CRP検査(C反応性蛋白)や赤血球沈降速度(赤沈)が見られるかどうかなども確認しなくてはなりません。

 

リウマチ因子(RF)検査は、あくまでも関節リウマチの診断の中での1つの指標でしかないです。もしも関節リウマチが疑われるのでしたら、きちんと医師の指示に従って様々な検査を受けるようにして下さいね。

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-23掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査項目に関する記事

アミラーゼが高いと膵臓炎の可能性が高い!?病気との関係や検査方法、基準と治療方法

健康診断でアミラーゼが高いと診断されたら膵臓炎の疑いがあるのでしょうか?その...

心電図検査では何がわかる?心電図検査の目的と異常値の場合に考えられる疾患について

  心臓は筋肉が全身に血液を循環させるために、拡張と収縮を繰り返しています。こ...


肺活量を鍛えたい人必見!肺活量UPの3つの方法 肺活量からわかる病気とは?検査方法や基準値など

  スポーツ選手や歌手は一般の人より、特に肺活量が多いと言われ、肺活量を増やす...

エコー検査でわかる病気~経食道心、甲状腺、心臓のエコー検査とは?その費用や検査など

  心臓の検査といえば心電図、心臓エコーなど主に胸のあたりを検査する方法が馴染...

カラダノートひろば

検査項目の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る