カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. RF >
  5. RFの値を調べる定性検査と定量検査って?

健康診断・健康管理

RFの値を調べる定性検査と定量検査って?

 

高齢になったことで、リウマチの検査を受ける人もいると思います。血液検査などによって行われるのがリウマチの検査ですが、検査結果の値の中にRF定量値というものがあります。

 

RF定量値って?

RF定量値とはリウマチ因子とも言われる数値で、関節リウマチにおいて重要なファクターです。RF定量値とはリウマトイド因子を指すもので、自己免疫疾患が起こると血中に増加するたんぱく質の一種を言います。

自己免疫疾患と書きましたので、この数値が高くなることは必ずしもリウマチのみを指すわけではなく、他の自己免疫疾患においてもこの数値の変動が見られます。

むしろ他の数値と比べて診断の補助として役立てたり、リウマチかそれ以外かという判断のために用いられるのです。

 

RFの検査

リウマトイド因子の検査には血中のリウマトイド因子の量を測定して具体的な数値で表す定量検査か、陽性あるいは陰性と言った形で記載する定性検査があります。

定性検査はRAテストとも言いますが、通常は血中のリウマトイド因子の量を測定する定量検査が行われます。

 

定性→定量のことも

主流となっているのは定量検査ですが、場合によっては定性検査が定量検査に先がけて行われることがあります。

というのも、陰性陽性という結果が出る定性検査を、ふるい分けるという意味合いのスクリーニング検査として行い、そこで陽性と結果が出た場合に限って定量検査を行って具体的な数字を見て、その後の病態の観察や治療効果の判定に役立てるという場合があるのです。

 

健康な人や高齢という要因でも高値になることがある数字ですから、検査でRF定量値の値が気になっても、他の数値と照らし合わせて考える余裕があると知っておきましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/11/07-010089.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

RFに関する記事

自己免疫疾患を引き起こすタンパク質、RF(リウトマイド因子)…RF検査では偽陽性も多いって本当?

  関節リウマチは免疫異常によって関節が腫れる・関節が痛むなどの症状がでて日常...

RF定量値を下げたい!できることとは?

  血中にリウマトイド因子という物質が多くなると、RF定量値という値が高くなり...


健常者でも高値が出ることが!?RF定量値は下げるべき?

  血液検査で分かるものにRF定量値という数値があります。これはリウマトイド因...

リウマチでも、リウマチでなくても知っておきたいRF値

  血液検査で分かることは様々ありますが、項目の一つにRF定量値という項目があ...

カラダノートひろば

RFの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る