カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 骨髄ドナー登録するまでの流れを知ろう!

気になる病気・症状

骨髄ドナー登録するまでの流れを知ろう!

 

まずはじめに、日本では毎年約6千人もの方が、白血病などの重い血液の病気を発症しています。

その中でも約2千人の患者さんが骨髄提供者を探しているというのが現状となります。

 

その骨髄提供者として希望される方が30万人になれば、患者さんのほとんどの方にHLA適合者つまりドナー候補者が見つかります。

しかし全ての患者さんが骨髄移植の治療を受けるにはさらに多くの登録が必要となります。

 

そこで、こちらでは骨髄バンクに登録できる方の条件と、骨髄バンクへの登録方法について簡単にまとめました。興味のある方は是非参考になさってくださいね。

 

 

◆骨髄提供者になれる方の条件とは

骨髄提供をしたいと思っても、規定の条件をクリアしなければ登録することが出来ません。その条件とは

・年齢が18~54歳までの健康な方

・骨髄提供の内容について十分に理解できている方

・体重が男性の場合なら45kg以上、女性なら40kg以上の方

といったものになります。

 

 

◆骨髄バンクへの登録方法

(1)まずはじめに、(財)骨髄移植推進財団が発行している「チャンス!」というパンフレットを、骨髄移植推進財団や最寄りの厚生センターなどに請求し取り寄せます。

 

(2)次に、「チャンス!」に記載されている登録窓口の一覧から、希望する骨髄データセンターもしくは登録受付業務を実施している厚生センターに電話予約をして下さい。

 

(3)予約した日時に登録場所へ向かい、骨髄バンクに関する説明を受けます。その後に、骨髄移植で重要となる白血球の型(HLA型)を調べるために血液検査を行います。この血液検査は腕からの採血になります。これらを終えてはじめて登録は完了します。

 

これらの登録までに必要となる時間は1時間程度と比較的短時間で終わります。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/12/blog-post_5728.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

骨髄移植に関する記事

骨髄移植に際しての骨髄採取での麻酔の安全性について

  重い血液の病気を発症した患者さんの命を救える手助けになる骨髄移植ですが...

ドナーに移植されるまでにどういう経緯を辿るの?

  骨髄移植は重い血液の病気に苦しんでいる患者さんを救える最終手段になりま...


骨髄移植のための骨髄採取ってどうやって行われるの?骨髄採取の流れについて

  血液の成分である赤血球、白血球、血しょう板は骨の中心部分にある海綿状の造血...

骨髄移植で不妊に?骨髄移植で患者さんに知らされない事実!

  骨髄移植は、白血病などの重い血液の病気を発症した患者さんを救う手段とし...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る