カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 代替療法 >
  6. 抗がん剤使用の前に知っておきたい代替療法『環状重合乳酸』

ガン・悪性腫瘍

抗がん剤使用の前に知っておきたい代替療法『環状重合乳酸』

 

がん治療として、現在行われている治療方法は、移植を含めた外科的治療法、抗がん剤を用いた化学療法、放射線療法の3種類が主であり、その結果生じる副作用(特に化学療法は、正常細胞にもダメージを与えてしまうこと、抜け毛、吐き気など)は生体に大きな負担を掛けることから、改善策が望まれています。近年、その治療の一端を担うことが出来るかもしれないと期待されている治療法に『環状重合乳酸(CPL)』の投与というものがあります。

 

CLPは、1980年代より研究が開始された歴史ある代替療法で、体内で肉体疲労時に生成されると言われる『L-乳酸』を加熱・脱水処理することにより合成される物質です。乳酸分子の末端同士がリング状に結合した構造をしており、通常の乳酸とは全く異なる性質を持ち、非常に高い抗がん作用を有するとされています。以下では、その詳細について詳しく見て行きたいと思います。

 

『環状重合乳酸(CPL)』の体内活性について

『環状重合乳酸(CPL)』は、体内での産生量は微量であり、対外摂取によって補うことが必要ともされています。分子量は約2000程度の低分子化合物であることから、経口摂取ご腸管より吸収され、分解作用を受けることなく血中に移行するものと考えられています。

 

有効性が確認された、臨床試験の結果とは?

『環状重合乳酸(CPL)』の有効性を示す、臨床試験には以下の物が報告されています。

 

1.ATP産生阻害作用

 

◆がん細胞増殖を促進する、解糖系(エネルギー産生)の阻害効果

 

がん細胞が異常な速度で増殖するには、多大なエネルギー(ATP生成)が必要であるため、これを抑制するには、3種の解糖系律速酵素(ホスホフルクトキナーゼ1:PFK1、ピルビン酸キナーゼ:PK、乳酸脱水素酵素:LDH)を阻害することが有効であると考えられています。ATP阻害によって、細胞全体が脆弱し、消失に至ります。

 

実験内容

CPLを用いて、マウス腹水ガンを増殖させる原因となる解糖系活性を抑える効果があるかを実験。

 

結果

CPL濃度4mg/ml以上で解糖系を阻害したという報告がある。

 

◆がん細胞特異型のエネルギー産生酵素の阻害効果

 

がん細胞は、エネルギーを産生(解糖系)する際に、正常細胞とは異なる酵素型(=LDH‐K:通常はLDH1~LDH5の5種類)を用いるので、これを阻害することで細胞死に導くものと考えられています。

 

実験内容

CLPによる、がん細胞と正常細胞各々がエネルギー産生時に用いる酵素の阻害作用を確認する。

 

結果

CLPは、がん細胞由来酵素LDH(LDH‐K)に対して強い阻害能を示すことが明らかにされた。

 

⇒CPL濃度5mg/ml時にがん細胞由来酵素は約40%まで活性を阻害され、一方、正常細胞由来酵素への阻害作用は約65%まで活性を保持していたことが分かった。

 

2.がん細胞マウスへの延命効果

 

◆腹水ガン細胞注入マウスへの延命効果

 

実験内容

マウスの腹腔内にがん細胞を注入し、1)CPL投与群(4.0mg/日/匹×隔日)と2)無処置群に分け実験した。

 

結果

無処置群では50%が16日間の生存期間の後、すべてにおいて死亡が確認された一方、

 

⇒CPL投与群では、6,9,12日目の測定において、細胞数の顕著な減少が確認され、半数以上のマウスが31日以上生存した。

 

◆p53(がん抑制遺伝子)欠損マウスへの延命効果

 

実験内容

5週齢のマウス(ガン抑制遺伝子p53欠損)を1)50mg/kgのCPLを週3回×20週間経口投与、2)未処置状態で実験した。

 

結果

2)未処置群は、8週目から死亡が認められ、20週後には致死率90%に至ったのに対し、

 

⇒1)CPL投与群は、20週での生存率は50%であり、CPL 投与による顕著な延命効果が実証された。

 

3.がん細胞増殖抑制、細胞死誘導効果

 

◆白血球細胞の増殖抑制効果

 

実験内容

3種のヒト白血病細胞を、CPLを含んだ培地にて培養した際の細胞増殖数を(3種の白血病細胞:1)K562、2)HL60、3)TF‐1細胞)確認。

 

結果

1)K562白血病細胞に対しては、CPL濃度0.2mg/ml以上で有意な細胞増殖抑制活性を示した。

 

2)HL60、3)TF‐1細胞に対しては、わずか1/10量のCPLによってがん細胞の増殖が顕著に抑制された。

 

⇒通常のL‐乳酸では、がん細胞の増殖には影響を与えなかった。

 

◆アポトーシスの誘導効果

 

実験内容

アポトーシスが誘導されたがん細胞に特異的に発現する抗原へ、抗体結合させることで、可視化したがん細胞アポトーシスの割合を見る。

 

結果

44.3%のがん細胞がアポトーシスを誘導されていることが判明した(L‐乳酸では変化が見られなかった。)

 

◆がん患者への症状改善効果

 

白血病患者、および胃ガン、大腸ガン、肺ガン、肝ガン等の患者に対し、現在CPL投与の臨床試験が行われているが、症状の改善が確認された症例も報告されている。

 

『環状重合乳酸(CPL)』には、外科的治療や放射線治療のような即効性が高く、絶大な効果というものまでは期待できないとされていますが、がん発生初期であれば効果は期待できると言われています。

 

またがん以外にも、中性脂肪値やコレステロール値の是正、脳梗塞の予防、肝炎、糖尿病、慢性関節リウマチ、子宮内膜症、アレルギー疾患等

の治療薬としても改善効果が認められていることから、総合的な健康への予防薬としての機能が期待できそうです。

 

科学的根拠はあるの?がんの代替療法を選ぶときの注意点とは

がんの治療に代替療法を選ぶという方もいます。

代替療法は、現時点では、西洋医学による治療と併用して行うのが望ましいと言われています。

代替療法を選ぶときの注意点を紹介します。

 

科学的根拠を調べてみる

代替療法にはそれぞれの根拠があります。

東洋医学はもともと、東洋医学的な視点から言えばしっかりと根拠があります。

 

ただし、それは現在の主要国の医学界で支持されている科学的根拠とは異なります。だからといって信頼できないというわけではありませんが、科学的根拠についての研究は進んでいるので、科学的根拠を持っているかどうかの確認はしておいた方が良いです。選択の助けになるでしょう。

 

治療への影響を調べる

西洋医学的な治療と代替療法の相性が悪いということもあります。

抗がん剤治療を行っているのか、そのほかの治療を行っているのかによって、相性の悪い代替療法も違ってくるため、医師に確認することは必須と言えるでしょう。

 

副作用に注意

アロマテラピーやサプリメントなど、一般的に問題がないように見える代替療法でも、人によっては副作用で苦しむ場合もあります。

 

代替療法を始めてから何かおかしいな、と思う症状が増えた時には、代替療法が原因である可能性も考えてください。

 

誇大広告は信じない

『がんが治ります!』というのは個人の体験談としては存在するかもしれませんが、全面的な広告として打ち出してはいけません。

 

医薬品でないものが効果を謳うことは禁止されているのですが、実際には『99.99999%治る』『これで二度とがんには苦しまない』といったような広告も存在します。

 

これらの広告は信じないようにしてください。

 

費用について検討する

がんを治したいという気持ちが強いのは悪いことではありませんが、あまりにも焦ってしまい代替療法の費用について全く考えずに、次々に代替療法を受けてしまうという方もいます。

 

代替療法はそのほとんどが基本的に自費診療なので、費用がどれくらいかかるのかについては事前にしっかり確認しましょう。

 

代替療法をする前に医師に相談を!

厚生労働省の研究によると、研究対象施設のがん患者さんの半数以上が代替療法を受けているということが分かりました。

 

日本では、特にサプリメントの人気が高いようです。

 

代替療法を行う前に

代替療法には副作用の危険、そして薬との相性が悪いという可能性があります。代替療法を行う前には医師への相談をしなければいけません。

今の治療法を行いながら代替療法を利用することが可能かどうか、医師に確認しましょう。

 

医師に遠慮はしなくても大丈夫

現在では、総合的な観点からがんを治すため、代替療法について反対しない医師も多いです。

『主治医に、医師を信頼していないと思われそう』という心配はいりません。

 

医師にどうしても言いにくい場合は、ソーシャルワーカーなどの仲介者を通して伝えてもらう、というのも一つの方法です。

 

西洋医学との併用が基本

代替という言葉を使ってはいるものの、基本的には西洋医学との併用による医療だと考えて間違いないでしょう。

 

西洋医学の治療も受けつつ、漢方などの代替療法による治療も受ける、という考え方で行いましょう。

代替療法の中には、まだまだ科学的根拠に乏しいものもあります。

 

どちらの治療方法で効果が出るかはわかりませんので、西洋医学による治療効果の可能性を捨てることはやめておきましょう。

 

漢方でがんが良くなる!?漢方による癌の代替療法について

がんの代替療法は、西洋医学的な視点での研究結果が得られていないものもあります。

それでも人によっては効果が出ることもあるので、利用すること自体は悪くはないでしょう。

 

ただ、西洋医学的なアプローチからでも研究結果が得られているものに関しては信頼性が高いようです。

近年、西洋医学的なアプローチからも研究されている代替療法が漢方です。

 

漢方とは

漢方とは東洋医学に基づいた代替療法のひとつで、漢方薬を利用した治療を行います。 中国や韓国では、漢方を正式な医療として捉える方も多いです。

 

漢方では『がん』は『体のエネルギーが不足している』とされています。

これを漢方医学では『虚』と呼んでいます。

虚の状態を改善することが、漢方医学による治療です。

 

漢方とがん

漢方では漢方薬を用いて治療を行います。

漢方薬は漢方医によって処方されるもので、西洋医学との併用でより効果が上がると言われています。

 

漢方薬は体の栄養状態を改善したり、循環を良くしたりして、体の治癒力を高める働きがあります。この働きを利用して、病気を改善していきます。

 

西洋医学的な研究

漢方治療の中でも、西洋医学的な研究で効果が実証されているものとしては、十全大補湯というものがあります。

 

大学の研究によって、肝硬変から肝細胞がんを引き起こす可能性が低くなることがわかりました。

また、胃がんにおける生存期間の延長例も報告されています。

 

西洋医学的な研究方法によって、漢方の効果を完全に証明できるというわけではありませんが、効果に対して前向きな結果を得られている場合が多いです。

 

がんの代替療法として行われる「瞑想」の効果とは?

瞑想というと、宗教的なものを思い浮かべる方も多いかもしれません。

ですが、代替療法としての瞑想も存在するのです。

 

瞑想とは

瞑想とは心身をリラックスさせるという定義のもとで行われる行為です。

瞑想に特に決まりがあるというわけではありませんが、瞑想状態に入るためには環境が整っていた方がよいといわれています。

 

一般的に考えて、生活音が耳に響くようなところと静かな山の中であれば、後者の方が圧倒的にリラックスしやすいと考えられますね。

瞑想の場合も、静かな環境で行うことが望ましいです。

 

瞑想とがん

瞑想によって得られるがんへの効果としては、免疫力の向上の他に、精神的不安の解消が大きいです。

 

がんを告知された時はもちろん、治療が長引くにつれて新たな不安が出てくるという方も少なくはありません。

ですが、瞑想によってがんという病気に対する不安が軽減したという方もいます。

 

不安や恐れが少なくなると、自律神経系のバランスが整うため、免疫力向上にさらに役立ちます。

 

瞑想セミナー

がんを治療するための瞑想セミナーというものもあります。

中でも有名なのは、オーストラリアで実際にがんを克服したイアン・ガウラーという方が行っている瞑想セミナーです。

 

国外に行かなければならないということで、すべての人が参加できるというわけではありませんが、がんを克服するための代替療法としての瞑想を学ぶことが出来ます。

 

イアン・ガウラーががんを克服するに至った症例は医学誌でも紹介されています。瞑想によって、脳の一部が変化するということもアメリカの研究で明らかになっています。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6-%E3%82%BB%E3%83%AB-%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90-dna-%E5%88%86%E5%AD%90-%E7%94%B7-%E5%8C%BB%E5%AD%A6-%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-%E8%A7%A3%E6%9E%90-163470/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

代替療法に関する記事

抗がん剤補助療法『ジクロロ酢酸ナトリウム』で、高い増強効果

  ほとんどのがん細胞が増殖や生存のためにブドウ糖による大量のエネルギー(...

健康茶でもあるタヒボ茶はがんに大きな効果!?いいことばかりのタヒボ茶って何?

通常行われるがんの治療は、手術、放射線、抗がん剤の3つです。しかしがんは正常...

カラダノートひろば

代替療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る