カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 抗炎症・免疫強化は医薬品並み?『キャッツクロー』とは?がんの化学予防について

ガン・悪性腫瘍

抗炎症・免疫強化は医薬品並み?『キャッツクロー』とは?がんの化学予防について

『キャッツクロー』は海外では医薬品である 

 『キャッツクロー』というアマゾン原産のハーブは、日本においてはあまり馴染みのないものですが、EU(ヨーロッパ)においては抗炎症や免疫強化作用を持つ医薬品として販売、使用されており、また現在がんの治療薬としても研究が進められています。植物由来の免疫強化薬(がん治療薬)には、シイタケ由来のレンチナンやワラタケ由来のクレスチンなどがありますが、これらの製剤に続く治療薬として期待が持たれています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

キャッツクローの有効成分 

キャッツクローには様々な有効成分が検出されていますが、中でも6種のアルカロイド(植物性の含窒素化合物)に免疫強化・抗がん作用(免疫組織の貪食作用の促進)が報告されています。化学合成により得られたアルカロイドより、キャッツクローから抽出されたアルカロイドを摂取する方が効果が高いとされています。

 

<6種類のアルカロイド>

◆イソテロポディン 

◆テロポディン 

◆イソミトラフィリン 

◆ミトラフィリン 

◆イソリンコフィリン 

◆リンコフィリン

 

オーストラリアでは、アルカロイドに含まれる有害作用のある『TOA』という物質を除去し有効成分のみを残した薬が、特許を取っています(『ハイペックスUT』)。

 

<免疫強化効果>

詳細な臨床試験の内容は確認できませんでしたが、以下の作用が報告されています。

 

◆マクロファージおよび細網内皮系(RES)の貪食作用の増強

◆Tリンパ芽球およびBリンパ芽球の増殖行動を制御

 

報告されている臨床試験の内容と有効性 

キャッツクローの経口摂取による効果は、上記のように抗がんやカンジダ症、エイズなど様々な効果があると言われていますが、中でも臨床試験の結果が報告されているのは、『免疫』、『変形性関節症』、『リウマチ』に関してです。 

 

◆喫煙者への抗がん作用に関する臨床試験(ミラノ大学)

試験内容

キャッツクロー投与による、喫煙者の尿中の突然変異性物質(発がん物質)への抑制効果を観測。

 

結果

キャッツクローの投与開始後2週間で、突然変異性物質が通常レベルに戻るという結果。

 

◆膝の変形性関節症に関する臨床試験

対象

膝の変形性関節症に罹患している成人45名 (45~75歳、試験群30名) 

 

試験内容

被験者にキャッツクロー抽出物を100 mg/日、4週間摂取させ、膝関節の変化を観測。

 

結果

膝を動かした際の痛みが軽減したが、安静時の痛みや膝の腫れには影響がみられなかったとの報告がある。

 

◆リウマチに関する臨床試験

対象

6ヶ月以上スルファサラジンまたはヒドロキシクロロキンを服用しているリウマチ罹患者40名 (試験群21名、平均53.1±13.4歳) 

 

試験内容

被験者にキャッツクロー根酸抽出物を20 mg/カプセル含む特定の製品を3回/日、24週間摂取させ観測する。

 

結果

関節痛が軽減したという報告がある。

 

注意すべき副作用 

適切に短期間経口摂取する場合は、安全性が示唆されているようですが、以下の副作用が報告されているので注意が必要です。

 

1)堕胎作用を持つ可能性もあり、妊娠中は使用を避ける。

2)皮膚移植患者、臓器移植患者、血友病患者が新鮮血漿を投与されている場合は使用を避ける。

3)ホルモン療法、胸腺を摘出した場合は使用を避ける。

4)インスリンを投与している場合は使用を避ける。

5)3歳以下の小児には禁忌

6)血圧を下げる可能性があるため、降圧剤との併用により、低血圧をおこす可能性がある。

7)薬物代謝酵素CYP3A4で代謝される医薬品 (ロバスタチンやケトコナゾールなど) の代謝を抑制し、それらの医薬品濃度が上昇する可能性がある。

8)キャッツクローはタンニンを含むため、理論的には鉄の吸収が阻害される可能性がある。

 

日本では、『キャッツクロー』はサプリメントとして販売されており、上記のような有害成分を除いた状態に加工されているようですが、中にはそのままの状態のものや有害表記が行われていない場合があるので注意が必要です。含有成分検査を受けていない健康食品としてよりも、EUやオーストラリア製の医薬品としてしっかり有効成分のみを抽出したものの方が安全性は高そうです。

 

薬やビタミン剤をでがんを予防する?がんの化学予防について

がんの予防法といえば、従来は食事の制限や運動習慣の改善のみでした。

日常生活の改善は、現在でももちろん中心的な予防法ではありますが、その他に化学予防という方法もあります。

 

化学予防とは

特定の薬やビタミン剤を使用することでがんを予防するというものです。

がんの発生リスクを下げたり再発を遅らせることが研究で証明されている薬を投与することで、がんを予防します。

効果の検証は1980年代から行われていますが、まだまだ明らかになっていない部分も多いと言われています。

 

化学予防の効果について

化学予防の効果は、全員が同じということはありません。

人によって必要な量が異なる、研究が発展途上である等の理由から、化学予防が絶対的な効果を示すわけではないということを知ったうえで、化学予防に取り組んでいきましょう。

 

これからのがん予防

化学予防も含め、生活習慣改善以外のがんの予防法も、今後次々と出てくると言われています。

国立がん研究センターでは、遺伝子情報に基づいたがんの予防法などの可能性も示唆しているくらいです。

しかし、生活習慣改善によるがん予防効果ほど研究が進んでいるわけではありません。実用化と更なる研究のため、まだまだ多くの時間がかかると予想されます。

 

がん予防の基礎は正しい食生活!具体的には?

がんは日本における死因でも上位を占めるものです。有名なものは肺がんや大腸がんなどですが。それ以外にもほとんどの臓器の細胞ががん化する可能性を秘めています。

 

がん予防に効果のある食品というのは、研究が盛んですのでいくつか発見されています。しかし、特定の食材をたくさんたくさん食べたからと言って、他の部分でがんになりやすいことをしていたら意味がありません。結局はがんに効くと言われる食事も、正しい生活、食生活の上で効果を発揮するものなのです。

 

正しい食生活って?

では正しい食生活というのはどんな食事なのでしょうか。

 

食べ過ぎてはいけない

食べ過ぎるということは、体に余計にエネルギーを与えてしまうということです。これはつまり肥満の元になり、特定のがんと関係の深い糖尿病の発症率まで高めてしまいますので、いいことがありません。

 

栄養バランス

栄養なんて勉強したわけではないから分からないと思う人も多いと思いますが、できるだけ多い種類の食材を食べることがよいでしょう。肉、魚、ごはん、野菜、海藻などの種類もそうですし、肉の中で豚、牛、鶏と変化をつけることも必要です。一日の内でこうした変化がつけられなくても1週間の中で種類を豊富にできれば十分です。

 

規則正しい食事

不規則な食生活は特に消化器官に負担をかけます。中でもこれは胃がんのリスクを上げると考えられていて避けたいものです。毎日朝食は抜いて、夜は重く食べるというスタイルも、例え規則正しくてもよくありません。体に負担のかからないような食べ方を規則正しく行えるのが理想です。

 

正しい食生活というのが、人によっては一番難しいものかもしれません。ですが、すべてのがん予防の食材はそうした正しい食生活の上で語られますので、少なくとも食事の量くらいはコントロールできると良いですね。

 

がんを発生させるカビがある?カビ毒「アフラトキシン」にも注意!

がんは生活習慣病のひとつだと言われています。生活習慣病とは普段の生活の積み重ねが生み出す病気で、糖尿病や高脂血症などがよく知られていると思います。

 

カビががんの原因?

生活習慣病とされているがんですが、原因となるものには様々あります。その原因の中のひとつがカビで、これは医学的にも指摘されているものです。日本では肺がんや肝臓がん、大腸がんなどが多く見られますが、この中でも肺がんや肝臓がんは空気汚染と関係があるものとされていて、その中にカビの胞子が体の中に侵襲するという要因があるものと考えられています。その他にもカビが生じたものを食べることも注意が必要とされています。

 

足のはやい食品には注意

カビのすべてががんの原因になるということではありませんが、中には発がん性の強いカビがあります。一番可能性として高く、自分で気をつけられるのは食品のカビです。腐りやすい食品は必ず冷蔵庫で保存し、カビの生えたものはその部分を除いて食べるなどもしないようにしましょう。

 

最も注意はアフラトキシン

WHOによる発がん性評価においても、人や動物に対しての最高レベルに位置づけられているのがこのアフラトキシンというカビ毒です。毒性が強く毒殺に使用されることもあるというもので、一度に大量に摂取すると肝障害を引き起こし、少量を長期間摂取した場合には肝臓がんの発症の可能性が高くなります。

 

こんな食べ物に注意

アフラトキシンの主な汚染食品は以下のようなものがあります。

トウモロコシ

落花生

豆類

香辛料

木の実

アフラトキシンは大変熱に強いもので、いったん生成されてしまうと通常の加工調理ではほとんど分解することができないものです。

 

食べ物そのものは体に良いものでも汚染されていれば、体に害になります。普段から、新鮮なものを積極的に摂取するようにする必要があります。

 

風邪がガンを治す!?風邪をひいてガン予防とは

「風邪が がんを治す」なんて話、信じますか?

 

長く続くがんのウイルス治療の研究において、2012年にイギリスのがん研究所は

「ある種の風邪をひきおこすウイルスが体内のがん細胞を探し当て攻撃する」

ということを実証しました。

このウイルスを利用した治験薬の臨床試験が、現在も各国の研究施設で進められています。

 

また、過去に「高熱を伴う病気でがんが治った」という実例があります。

がん細胞が40℃以上の熱に弱いことから、がんの温熱療法の効果が認められ保険も適用されています。

 

「風邪が がんを治す」というのは、整体の考え方の中にもあります。

整体の考え方では

 

「風邪は重い病気に罹らないための、体の微調整作用である」

 

ととらえます。

風邪は、体内に溜まった毒素を自浄作用により排出し、身体を修復するための治癒反応なのです。

 

実際、風邪の症状である

 咳、痰、鼻水、汗、熱、湿疹、下痢、嘔吐

などはすべて体の外に「出る」もの。

身体に「入る」もの(食べられるもの)といえば、水分や消化によいお粥など毒素の少ないものばかりです。

 

整体では、熱が出始めたら後頭部に熱いタオルを当てるなどして体温の上昇を助けます。

するとよく汗をかき、風邪が抜けると熱が下がり始め、平温よりも体温が下がることがあります。

このときは絶対に安静にしておくこと。無理をすると大病を招きます。

 

整体の考え方では風邪のときに解熱剤や咳止めなど、症状を「止める」薬は用いません。

症状を「止める」ということは体内に毒素を「留める」ことになり、その結果「大病」すなわちがんや脳卒中などをひきおこすことになります。

 

さらに、整体師の方々は経験から

「ガンなどの大病を患う人は、発症する2~3年前から風邪を引かない」

と言います。

 

昔からよく「小さな病気をしない人は、後々、大病に罹り早死にしやすい」なんてことも言われます。

都市伝説のごとく囁かれてきたこれらの考えは、どうやら事実だったようです。

 

小さな不調は健康のバロメーター。

風邪をひいたら「まずは休養」が、後の大病をひきおこさないための必須条件であることは間違いありません。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E7%B2%89-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9-13282/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ガン・悪性腫瘍に関する記事

女性特有のがん「子宮頸がん」、男性は注意!前立腺がんを知っておこう!喫煙者は2~4倍「膀胱癌」!

  女性の病気で子宮頸がんは、20-30代の女性が発症するがんの中では、第...

変化するほくろやシミに要注意!~皮膚がんの初期症状と特徴~、皮膚のがんの一番の原因は「紫外線」?

「紫外線を浴びすぎると皮膚がんになる」「ほくろが大きくなるとがんになる」など...


進行胃がんに有効!抗がん剤で直接胃を洗浄する『腹腔内温熱化学療法(HIPEC)』とは?

  現在、胃がんは日本人のがん部位別発症率において第2位に挙げられるなど、...

飲酒やコーヒーなど。食生活が膵臓がんに与える影響とは?

    煙草の箱に喫煙による肺がんの危険が示されているように、生活習慣とがん...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る