カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 骨髄が移植されるまでのコーディネート時の注意点とは?

気になる病気・症状

骨髄が移植されるまでのコーディネート時の注意点とは?

 

骨髄移植では、移植を行うまでに様々な手順を踏みます。

その中でもコーディネートと呼ばれるドナー指定とドナー選択は、患者さんに適応するドナーを探すということで大変重要な段階になります。

そのコーディネートをする際には、注意しなければならないことがいくつかありますので、こちらで簡単にまとめました。興味のある方は是非参考になさってくださいね。

 

 

◆コーディネートに関しての注意事項

・同時並行コーディネート人数に関して

コーディネート(ドナー指定とドナー選択)では、通常最大5人までの同時並行のコーディネートが行えます。

そのため、HLA型の照合を行う際に5人以上のドナー登録者が検索された場合でも、同時にコーディネートが行えるドナー候補者は最大5人までとなります。

 

その内のドナー候補者1人についてのコーディネートが終了する際に、次のドナー候補者が順次検索されるという仕組みになります。

なので、5人全てのコーディネートが終了してしまってから、次の5人に進むということはありません。

 

また、1抗原不適合つまりミスマッチを選択してしまった場合には、フルマッチドナーの検索も同時に行っていますから、常時フルマッチドナーが検索できるように1人の空きを残して最大4人のミスマッチドナーが選択できるようにしております。

 

骨髄移植に際してのコーディネートでは、上記のようなことが注意点として挙げられます。ただし、主治医の希望に応じて、最大5人のミスマッチドナーを選択することも可能となります。

 

また、コーディネートを始めとする骨髄移植に際しての様々な手続きは全て患者さんの主治医が行うというのが原則になりますので、主治医とよく話し合いをすることで医師との信頼関係を築き上げておきましょう。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_6904.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨髄移植に関する記事

骨髄バンクのドナー登録の条件にはどんなものがあるの?

  毎年日本ではおよそ6000人もの方が、重い血液の病気を発症しています。...

骨髄移植の白血球型の違いで血液型が変わるって本当?

  白血病などの重い血液の病気を発症した患者さんを救う手段として、骨髄移植...


白血球の型「HLA型」って何?

  まずはじめに、日本では毎年およそ6千人もの方が白血病などに代表される重...

骨髄移植に際しての骨髄採取での麻酔の安全性について

  重い血液の病気を発症した患者さんの命を救える手助けになる骨髄移植ですが...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る