カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿蛋白定量 >
  6. 尿蛋白値が上がったら…塩分・カロリーと・疲労に注意!

健康診断・健康管理

尿蛋白値が上がったら…塩分・カロリーと・疲労に注意!


 

尿蛋白値というものがあります。尿検査をした時に尿蛋白値+となったら、注意が必要です。通常であれば尿からたんぱく質は流れでないようになっています。しかし、腎機能が低下していたり、何らかの病気によって腎臓が傷ついている場合は、この尿蛋白値がでるようになってしまいます。

 

塩分に注意!

今まで尿蛋白値が出なかった人が急に現れた場合は、食生活での塩分の取りすぎが考えられます。最近塩分の多い濃い味付けを好んで食してはいませんか?塩分は腎臓機能を低下する原因になります。腎臓機能が低下した時は真っ先に塩分調整を指導されるほど、腎臓と塩分は密接な関係性にあります。塩分を減らし減塩の食生活にすることで、尿蛋白値は改善されます。

 

肥満に注意!

尿蛋白値が出る人の多くは肥満症であることが多いです。肥満症であると中性脂肪が多く、腎臓に負担をかけていることになります。そのため尿蛋白値が高い人は肥満症であることが多いのです。最近急に太ってきたなど急激な体重増加にある人は、カロリー摂取量をきちんと考えた食生活をし、肥満を解消するようにしましょう。

 

ストレスや疲労に注意!

腎臓機能は塩分や肥満だけでなく、ストレスや疲労によってもダメージを受けてしまいます。腎機能が低下すると疲れやすくなったりするのはそのためです。ストレスや疲労を体に残さないような生活を送るようにしましょう。

 

尿蛋白値が+と現れてしまった人は、カロリー調節と減塩による食生活改善と、ストレスや疲労を残さないような生活習慣に改善するようにしましょう。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20120114008post-1071.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿蛋白定量に関する記事

尿蛋白値を改善させる食事とは?どんな食品を?

  尿蛋白とは、尿にたんぱく質が溶け出している状態です。通常は腎臓でろ過さ...

腎臓病や骨髄腫などを早期発見できる尿蛋白定量検査!尿蛋白定量で使用する蓄尿のメリットとは?

  尿に蛋白質が含まれること自体は健康な証ですが、尿の蛋白質量が多すぎるのは問...


C反応性蛋白を下げて疾患予防!

  CRP血液検査という検査をご存知ですか?これは血中に含まれるC反応性蛋白の...

糖尿病腎症の診断にも用いられる尿蛋白定量検査!検査に引っかかった場合に気をつけること

糖尿病は様々な合併症を引き起こしますが、その一つに糖尿病腎症があります。 ...

カラダノートひろば

尿蛋白定量の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る