カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 病院 >
  4. 治療 >
  5. 40年以上も前から行われている睡眠障害の治療方法「断眠療法」効果は?注意点は?

不眠・睡眠障害

40年以上も前から行われている睡眠障害の治療方法「断眠療法」効果は?注意点は?

 

40年以上も前から行われている睡眠障害の治療方法断眠療法というものです。


●断眠療法とは


断眠療法は、眠らせないという治療方法です。
断眠療法は全断眠夜間後半部分断眠夜間前半部分断眠選択的REM断眠という4つの方法があります。
このうち、選択的REM断眠以外の方法は一般化されています。
全断眠とは、普段なら寝る時間であっても断眠、つまり眠らないで過ごすということです。
夜間後半部分断眠では、眠る時間は同じですが途中に起こされます。
夜間前半部分断眠では、眠る時間を遅くしますが起きる時間は同じです。


●断眠療法の効果は?


断眠療法の効果が最初に証明されたのは1970年代のことです。
断眠療法は、即効性があることで知られています。
断眠をした次の日から症状の改善がみられることも多いです。
また、薬を飲むわけではないので、副作用がほとんどないのも断眠療法ならではの特徴です。
断眠療法は、うつ病の治療薬と比べても遜色ないほどの有効率があるようです。


●断眠療法の注意点


断眠療法では、回復睡眠に注意が必要といわれています。
昨日断眠した分昼間に寝てしまう、断眠した分を取り戻すように睡眠時間を増やしてしまうと、断眠療法の効果が出なくなったり逆効果につながることもあります。
こういった回復睡眠を防ぐ方法、断眠療法の効果を上げる方法はヨーロッパではすでに実用段階に入っています。
例えば、断眠療法の後の就寝時間を早めにすると断眠療法の効果を無駄にせず、回復睡眠の問題も解消できます。
断眠療法をより効果的に行うには、光療法との併用が望ましいといわれています。
日本ではまだ断眠療法を受けられる施設は少なく、断眠療法の実用的な治療としての位置も確立されていません。
断眠療法は、残念ながら一人で自宅で行えるものではありません。医師の指導のもとで行うようにして下さい。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/31-374617.php)

著者: 小宮さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

睡眠障害の治療を行っている診療科

  最近よく眠れていない気がする、と思ってもどのように対処したらよいかわか...

睡眠障害に有効な光療法とは?

  睡眠障害の代表的な治療には薬物治療、生活療法があります。その他にも、光...


マウスピースでの治療

重症でない睡眠時無呼吸症候群の治療にはマウスピースでの治療も効果が高いと言われて...

睡眠障害は光療法での改善できる?!光療法の効果はどれくらいあるの?

  概日リズム障害に特に効くと言われているのが、強い光を浴びることで体内時...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る