カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 腎機能 >
  5. 尿蛋白(UP) >
  6. 妊婦検診でどうして尿検査が必要?尿検査によってわかるコト

健康診断・健康管理

妊婦検診でどうして尿検査が必要?尿検査によってわかるコト

 妊婦検診では毎回尿検査が行われます。尿検査はどうして必要なのでしょうか?

 

尿蛋白検査と尿糖検査

妊婦検診で尿検査を行うのは、尿蛋白値と尿糖値を知るためです。

 

尿蛋白検査

尿の中にたんぱく質があるかどうかを調べます。妊娠中は生理的にたんぱく質の多い、蛋白尿がでやすくなります。これによって、急激な体重増加や塩分の取りすぎなど食生活を見直すと共に、腎臓機能の低下や腎臓病、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの可能性を調べます。

 

尿糖検査

血液中に糖が多いと尿に糖がもれ出てきます。尿中にブドウ糖が多いということは、血糖値が高いということになります。糖尿病合併妊娠や妊娠糖尿病になる可能性を調べます。

 

1回の尿蛋白ならば問題なし

1回の検査で尿蛋白だったくらいならば腎臓疾患の可能性はありません。妊娠中は腎臓へ送られる血液の量が増えたり、腎盂(じんう)や尿管が拡張するために、腎臓に負担がかかって尿蛋白になることが多々あります。そのため一時的に尿蛋白になることがあるのです。

 

特に妊娠後期や急激な体重増加、塩分の取りすぎや疲労などの要因も合わさって、尿蛋白が出ることがあります。この場合は、時間を置いて再検査ということになり、それで改善していればなんの問題もありません。

 

尿検査を行うわけは?

妊娠初期に尿検査を行うのは、腎臓機能の低下や腎臓病を早期発見するためです。腎臓は症状が出にくい臓器なので、初期段階では症状を見逃すことも多いです。

妊娠が進むと腎臓にも負担がかかってくるようになり、元々腎臓に疾患があったり、状態が悪かったりすると、赤ちゃんの成長に影響を与えるだけでなく、妊娠高血圧症候群になる可能性もあるので、妊娠初期でそれらを発見しておく必要があります。

 

妊娠高血圧症候群は、母体と胎児に悪影響を与えます。そのため早期発見が大切であり、そのため妊娠初期や妊婦検診で尿検査をする必要があるのです。

1回の尿蛋白や軽度なら問題ありませんが、中度の尿蛋白値が慢性化するようでしたら、早急に治療が必要となります。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20130654171post-2949.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

尿蛋白(UP)に関する記事

尿タンパクに異常あり?尿タンパク検査からわかる様々な病気

健康診断などで検査項目の一つに挙げられている尿タンパクですが、これを調べること...

尿にタンパクは含まれてると危険?!尿タンパク検査でわかるコト

定期的な健康診断や人間ドックなどで、尿検査を行った際に必ずといっていいほど行わ...


尿蛋白の値が高いとどうなる?白血病・糖尿病性腎症・糸球体腎炎の可能性があります

  人間の体は食べ物などから体の中に栄養分を取り入れ、さまざまな場所で使った後...

妊娠すると尿蛋白値が上がる?!妊娠と尿蛋白の関係とは

腎臓疾患などを見分ける際に用いられる、尿蛋白値検査。 中度以上の数値が慢性化す...

カラダノートひろば

尿蛋白(UP)の関連カテゴリ

尿蛋白(UP)の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る