カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. その他 >
  6. 婦人科健診のがん検査ってどんな検査をするの?

女性のカラダの悩み

婦人科健診のがん検査ってどんな検査をするの?

 

若い人でも将来子どもが欲しいと思ったとき、妊娠する前に自分の体に異常がないか知るため、婦人科健診に行ってみる人は多いと思います。

実際は子ども云々ではなく初期症状に乏しい婦人科系の病気を早期に発見するためには、定期的に婦人科健診を受ける方が望ましいようです。

 

スクリーニング

健診などではがんが生じているかどうかのふるい分けをするという意味のスクリーニングが行われます。検査を受けている方の身としてはスクリーニングと言おうが、検査と言おうがあまり変わらないかもしれません。

実際、婦人科健診では問診や視診、子宮頸部細胞診、必要に応じて子宮内膜細胞診などが行われます

 

子宮がんの検査

婦人科健診ではさまざまな婦人科系の病気を発見できます。中でも上記の子宮頸部細胞診や子宮内膜細胞診といった検査では子宮頸部や子宮内膜の細胞を採取することによって、そこで起こるがんの可能性などを知ることができるのです。

子宮頸部細胞診は子宮の入り口、子宮内膜細胞診は子宮で胎児が入るところの細胞を採取することで生じますので、細胞を採取する器具の長さが異なります。

 

陽性だった場合

細胞診の結果は大きく分けると陰性と陽性で結果が出ます。しかし陽性と出ても数パーセントはがんが検出されない場合もありますので、その後より詳しい検査をする必要があります。

その場合はコルポスコープ診やがんと思われる場所を切りとって調べることで確定診断をしたり、内診や直腸診、超音波検査、CTやMRI、膀胱鏡検査、大腸検査などを行って生殖器以外の転移を調べます。

また子宮体がんの場合は経膣超音波検査を行い子宮内膜が厚くなっていないかどうかを調べます。

 

細胞診だけでがんと診断されるわけではありません。ですが可能性を知るために欠かすことはできません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/30-023411.php?category=265])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

子宮脱を予防し治療するには?

  子宮が支えられなくなる子宮脱という疾患は、出産を経験した女性なら誰もがリス...

女性の内性器 子宮の仕組み

■子宮の病気を理解するには、まず子宮のしくみを知ることが大切です。子宮はどのよう...


代表的な女性特有の病気を理解しよう!

女性特有の病気は、性交が原因で発生するものや、炎症や出血を伴うなど様々な症状が...

出産によりリスクが上昇する子宮脱

  子宮が通常の位置からさらに下につり下がり、最後には一部が体外に飛び出してし...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る