カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 食べ物・飲み物 >
  5. カフェインは実は眠りを誘う?

不眠・睡眠障害

カフェインは実は眠りを誘う?

 

コーヒーに含まれるカフェインを摂取すると、すっきりして眠気がとれるという話もあります。
ですが、カフェインは実は眠りを誘う作用もあります


●カフェインの基本的な作用


カフェインは、基本的に体を興奮させる役割を持っています。
自律神経系のうち交感神経を刺激するので、眠りにはふさわしくないといわれています。
実際、眠る前にカフェインを含む飲料を摂取するとなかなか眠りにつけないというのは経験上知っている方も多いと思います。


●カフェインと眠り


カフェインには自律神経を刺激する以外の作用もあります。
それがストレスホルモンを睡眠物質に変化させるという働きです。
睡眠物質が出るということは、眠りにつきやすいということでもあります。
ストレスホルモンを睡眠物質に変化させる働きは、カフェイン摂取後20分くらいまでは自律神経系を刺激する作用よりも優位に働くため、眠りを誘います。


●カフェインの上手な取り方


カフェインは昼寝をするときに摂取するのが良いと言われています。
というのも20分間は眠りを誘い、それ以後は覚醒作用があるので、眠りから目覚めやすいというメリットがあるからです。
昼寝の前にカフェインを摂取することによって、すっきりと目覚められます。
また、夕方以降にカフェインを摂取すると自律神経系への作用で夜の眠りに影響するのでおすすめしません。
カフェインは夕方の4時以降飲まない方がよいでしょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/01/27-375742.php)

著者: 小宮さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ物・飲み物に関する記事

睡眠を妨げる『食習慣』がある!要注意な夜の食事時間とその食事内容!

  睡眠を妨げる習慣と言えば、寝る前のスマホなどが挙げられますが、実は食習慣に...

冬の眠りを悪くするメラトニンの分泌不足を解消しよう!照明や食事から工夫できる2つの眠り対策

メラトニンはホルモンの一種で、その働きは主に眠りを誘うことにあります。 夜にな...


これが寝付きの悪さのもと?寝る前に摂取NGな食べ物とは?

  「なかなか眠れず疲れが今ひとつとれない」と寝付きの悪さにお困りの方はき...

眠れない時どうすればいい?~快眠効果を得るための方法~

眠れない時に眠るための方法   夜にうまく寝付くことができず寝る時間が遅...

カラダノートひろば

食べ物・飲み物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る