カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 心電図 >
  5. 心電図検査で異常があったら・・・所見の見方!

健康診断・健康管理

心電図検査で異常があったら・・・所見の見方!

 心電図で異常があって検査結果を見せられても、何がどう悪いのかさっぱりわからない、ということもあります。所見の見方、どんな可能性があるのかを覚えておくと良いでしょう。

高電位差・R波増高

普通よりも波が激しく動いて記録されている状態です。

心肥大・心臓の位置がずれている

左心肥大・右心肥大

4つに分かれている心臓の各部分に負荷がかかっている状態です。

高血圧

ST・T変化

冠動脈の動脈硬化で、心臓に十分な血液が行き渡っていない状態です。

心肥大・虚血性心疾患

T波異常

ST・T変化の前兆ともいわれていますが、健康な人でも一過性のものが見られる場合があります。特に食後の測定で多く見られることがあります。

完全脚ブロック

興奮時の心臓の動きに対する伝達が、若干鈍くなっている状態です。

期外収縮

完全脚ブロックとは逆で、興奮時の心臓の動きに対する伝達が早すぎる状態です。健全な人でも見られることがあり、他の所見で問題なければ大丈夫でしょう。

心房細動

心臓の4箇所の部屋がまとまっておらず、バラバラに動いている状態です。血栓ができやすく心筋梗塞になる可能性があるので治療が必要です。

血栓・心筋梗塞

心筋梗塞

 心臓にいつ爆発するかわからない、爆弾を抱えている状態です。早急に治療が必要となります。

 

心電図結果による所見を知っておくことで、その結果の重要性を見抜くことが出来るようになるでしょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20110447109post-1.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心電図に関する記事

心電図検査では何がわかる?心機能の異常など

心臓は筋肉が全身に血液を循環させるために、拡張と収縮を繰り返しています。この...

心電図検査で異常ありと診断されても病気ではないこともある?!なぜ?

心電図検査で異常ありと診断結果が届くと、心臓病なのではないかと不安に思うこと...


心電図検査で異常が見られたら?それはどんな病気の可能性が?

  心電図検査は、心臓に関する疾患を早期発見する上で重要な検査です。比較的...

心電図で「異常有」。異常があるのはやっぱり心臓病?考えられる原因について

心臓は一定のリズムで動いています。この心臓の動きは拍動といい、このリズムで全...

カラダノートひろば

心電図の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る