カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 子宮 >
  5. 子宮頸がん >
  6. 定期検診をしよう!一般的な健康診断では行われない子宮頸部細胞診検査って?

女性のカラダの悩み

定期検診をしよう!一般的な健康診断では行われない子宮頸部細胞診検査って?

 

一般的な健診で行われる検査と婦人科健診で行われる検査は違います。

その中で一般的な健康診断では行われない子宮頸部細胞診という、必ず実施される検査があります。

 

細胞診って?

細胞診とは体内に病変部位が見つかったとき、その部位の細胞が悪性か良性かを判断するために行われる検査です。

他の場所で内視鏡などでも同じような検査治療が行われることがありますが、病変部位の一部や細胞を採取してその細胞を染色し、正常なものと比較して診断に役立てるのです。

 

子宮頸部細胞診

子宮頸部は子宮の入り口です。子宮頸部細胞診はこの子宮の入り口の細胞を採取して観察します。

ただし細胞を採取すると言っても切り取ったりするのではなく、綿のついた細い棒状の検査器を使って細胞をこすり取るので、そう怖いものではありません。

 

子宮頸部細胞診で見つかるのは

この検査は子宮がんの検査と言われますが、子宮がんは子宮の入り口である子宮頸がん、実際に赤ちゃんが入る場所の子宮体がんがあります。

子宮頸部細胞診で見つけられるのは子宮頸がんの方だということを知っておきましょう。

とくに子宮頸がんは近年若年化していると言われているもので、若い人に特に増えてきています。

婦人科系の疾患は初期症状があまりないことが多く、早期発見が困難なため、気づいたときには手遅れになってしまっていることも少なくありません。

 

定期検診で意味がある

定期的に子宮頸部細胞診を受けることは、その都度、子宮頸がんの可能性の有無を確認できると言う点で非常に有効です。

こうした有無を定期的に確認していない女性は、定期的に検査を受けている女性の数倍子宮頸がんを発症するリスクが高くなるという報告もあります。

 

細胞診は直接その部位を調べることができるため、子宮頸がんの発見において非常に有効です。一度受ければそれでよいのではなく、定期的に検査を受けましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/27-370780.php?category=390])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮頸がんに関する記事

年に一度は子宮頸がんの検診を!定期検診での早期発見の大切さ

  子宮の入り口の子宮頸部にできる子宮頸がんは、今はワクチンなどで名前が知られ...

知らないと怖い…子宮がんの初期症状いろいろ

  婦人科系の病気の中でも、命に関わる重大な病気は子宮や卵巣にできる癌と言えま...


「自宅でやる!」は危険?!子宮頸がん検査キットの使用とは?

近年若い世代にも増えつつある子宮頸がん。がん検査のガイドラインでは20歳を超え...

子宮摘出などにならない為に!子宮頸がんと予防ワクチンについて

20代から30代の若い患者が多いことで知られているのが子宮頸がんです。子宮頸がん...

カラダノートひろば

子宮頸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る