カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 乳がん検査で行う超音波検査、具体的に知りたい!

女性のカラダの悩み

乳がん検査で行う超音波検査、具体的に知りたい!

 

乳がん検診を受けると触診やマンモグラフィの他に乳腺超音波検査という検査をします。

これは乳腺用の超音波診断装置を用いて、しこりが良性か悪性かを調べるのです。

マンモグラフィと、この乳腺超音波検査を併用することによって、それぞれで見逃してしまう部分を補完し合っています。

 

 

乳腺超音波検査、どんなふうに進められるの?

乳腺超音波検査を受ける際検査を受ける人は乳房を出して診察台の上に仰向けになって両手を挙げた状態になります。

そして乳房の皮膚に機械をスムーズに滑らせ超音波の伝導をよくするために、温かいゼリー状の液体を塗ります

そしてブローブと言われる著音波の発信機能と受信機能を持つ探触子をあてて、乳房の内部を画像にして観察します。探触子は横に滑らせ、また体の情報から下方へと順々に滑らせていき、反射して戻ってきた断層面の波をモニターに映し出すのです。

よくテレビなどで妊婦さんの腹部に同じように機械をあてて中の胎児の様子を見る映像がありますが、それの乳房版だと思ってもよいでしょう。検査はおよそ15分程度で終わります。

 

もっと乳腺超音波検査について

検査中は映し出された画面を見やすくする為に診察室を暗くしています。また、受けている間、痛みはありませんし体への負担もほとんどありません

これに対してマンモグラフィは本当に微細ですが放射線による被ばくがあります。そのため超音波による検査は妊婦の人でも安心して受けることができるのです。

 

乳がん検査としての乳腺超音波検査は触診での結果を客観的に確認する意味でも行われますので、超音波検査に先行して触診が行われることがほとんどです。

近年では女性の臨床検査技師も増えているようですので、その点が気になる場合は一度確認してみるとよいでしょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024596.php?category=275])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

『ブラジャーの長時間装着』で、乳がん発症率が上昇?その真偽は・・・

  ブラジャーを毎日12時間以上着用で、乳がんリスクが21倍に上昇?  ...

ほくろが多いと乳がんになりやすい?○○がほくろを増やしてしまう…ほくろの数と乳がんの関係

ほくろの数が、病気の指標になるかもしれません。皮膚にできるほくろは日常的にそ...


『乳がん治療の第三世代薬』骨粗しょう症治療薬との併用に注意!

  『アロマターゼ阻害薬』併用で副作用が出やすくなる?!   乳がん治...

マンモグラフィーとはどんな検査?

マンモグラフィーという検査をご存知ですか?世間一般的にはマンモグラフィー=乳がん...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る