カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 適応障害 >
  4. 若年層・成人における適応障害の症状 治療方法とは?

メンタル

若年層・成人における適応障害の症状 治療方法とは?

精神疾患の一つである適応障害は、日常にある様々なストレスを通じてかかるこころの病です。

この病気は大人に限らず、子供を含む未成年も発症することがあります。

このように現代のストレス社会に過ごす我々にとって適応障害は決して人ごとではないこころの病なのかもしれません。

ここでは、適応障害の症状とどのような治療があるのか見て行きましょう。

 

若年層(小児期・青年期)における適応障害の症状

子供たちが適応障害になった場合、行為障害(嘘をつく、攻撃的になる)、おねしょをする、指をしゃぶるなどといった症状があらわれます。

また、特に行為障害によって日常の社会生活を送ることが困難となり、学業に支障をきたし、結果として就学・進学が難しくなってしまいます。

 

一般的な適応障害の症状

成人でも上記にあるような行為障害が出る場合があります。その大部分は普段とはかけはなれた行動を起こします。

具体的には万引き睡眠時間が極端に変化するアルコールに極度に依存する喧嘩っぱやくなる、さらには無銭飲食・無賃乗車などを起こす患者もいます。

そして、ポイントは適応障害の患者はこうした行動に対して自責の念をもたないことが多いのです。

 

逆に軽度の適応障害の場合は、人との接触を避けたがり、いわゆる引きこもり状態になると言われています。

 

適応障害の治療方法とは

適応障害の治療法は、症状によりますが、精神的な症状、例えば、抑うつ感や不安感が診られる場合には、抗うつ薬・抗不安薬が処方されます。

他には精神療法なども試されますが、何よりも、適応障害の原因となっているストレス因子をつきとめ、これを除去することが最善の治療法であることも事実です。

そのため、部署を異動する、学校を変える、引越しをするなど現在の環境を変えることで、適応障害の症状が軽減したり治ったりする場合もあるのです。

 

他人からはわかりずらい適応障害ですが、周囲もできるだけ患者のストレス因子は何なのかしっかり見て行きましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/06/10-379049.php?category=205)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

適応障害に関する記事

適応障害の治療法~ストレスに対して適応しよう!

適応障害とは、社会環境の不適応によって引き起こされる病です。 主な症状とし...

適応障害の原因とは

  様々なストレスにさらされている、現代社会。 ストレスは、様々な形で体...


どうしたらいい?適応障害の人への接し方

適応障害とは、ある出来事や状況が引き金となり、精神面や行動面に症状が現れる病...

こころの病の一つ、適応障害 ストレス過多にならないよう気をつけて!

適応障害とは 適応障害はこころの病の一つで、ストレスを原因とするこころの病、ス...

カラダノートひろば

適応障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る