カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 解離性障害 >
  4. 心の病気、解離性障害…原因は強い精神的ストレス!?

メンタル

心の病気、解離性障害…原因は強い精神的ストレス!?

解離性障害という精神疾患がありますが、これはいったいどのような病気なのでしょうか。

具体的な症状は何なのか、また、この要因にはどのようなものがあるのか、ここで見て行きましょう。

 

解離性障害の症状

解離性障害の症状としては、以下のようなものがあります。

 

・自分が自分であるという感覚が失われていく感じがする

・現実感がなく、まるで密室空間、カプセルの中にいるような感覚がある

・いつの間にか自分の知らない場所にいる

・ある時期の記憶が全くなくなる

 

解離性障害とは

解離性障害は、生理学的な障害ではなく心因性の障害であるとされています。

このように心の病気であるため、なかなか他の病気のように因果関係が明確に解明されているわけではありません。

要因についても、多種多様であり、ひとりひとりによって違うので治療方法もそれぞれの患者に即した形で試行錯誤しながら行われているのが実情です。

 

その中でも、以下の点が一般的に共通している要因だと言われています。

解離性障害を発症する人を調査したところ、ほとんどの人が幼児期から児童期に強い精神的ストレスを受けていることが明らかになっています。

具体的には、学校や兄弟姉妹間でいじめを受けたこと、保護者からのネグレクト事件・事故などを間近で目撃してしまったことによるショック家族などによる身体的・性的虐待などが上げられます。

 

まとめ

以上のように、解離性障害は以上のような症状が出ることで一般の社会生活に支障が出る精神疾患です。

要因は人それぞれで、治療も手探りの中行われているのが実情ですが、現時点では共通的な要因として、幼児期から児童期において強い精神的ストレスを受けている点が近年の調査から判明しています。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2014/02/04-385450.php?category=3)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解離性障害に関する記事

解離性同一性障害の要因とは…幼少期の心のキズが原因

  本来一つの肉体の中には一つの人格しかありません。しかしこの人格のようなもの...

解離性障害の治療法 時間をかけて症状を見守ることが大切です

解離性障害は精神疾患の一つですが、端的に言えば、自分が自分であるという感覚が...


本当に忘れた?実は演技?記憶が思い出せなくなる…解離性健忘の診断基準

人の体には防衛機能があります。   熱いものを触ったら考えるよりも先に腕...

解離性同一性障害患者はこんな特徴を持つんです!解離性健忘の可能性も…!?

  解離性同一性障害は、ひとりの人の中に複数の人格状態が形成されてしまっている...

カラダノートひろば

解離性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る