カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 薄毛(AGA) >
  4. 症状 >
  5. 進行性の脱毛症AGA…AGAの初期段階の薄毛の発生場所パターンを知ろう

男性のカラダの悩み

進行性の脱毛症AGA…AGAの初期段階の薄毛の発生場所パターンを知ろう

AGAは日本語訳では男性型脱毛症といいます。このAGAは進行性の脱毛症ですが、具体的に症状やメカニズムがどのようなものなのか、基本的な点をしっかり抑えておきましょう。

 

AGAの症状とは

AGAの症状が発症する年齢はおおよそ20-35歳の間と言われていますが、中には10代から発症する人もいます。AGAの症状は進行性であるので、大きくわけて以下の3つのパターンがあります。

 

前頭部の生え際から進行するパターン

額の生え際から抜け毛が進行し、後退していくパターンです。このパターンは日本人を含めた東洋人に多くみられるパターンであると言われています。

 

こめかみから頭頂部に進行するパターン

前髪の中央部は残したまま、左右のそりこみが後退していくパターンです。このパターンは白人に多く発症するといわれています。

 

頭頂部から徐々に進行するパターン

頭のてっぺんから丸型で薄毛が進行し、外延に向かって薄毛が進行するパターンです。日本人におも良くみられるパターンです。

 

これらのパターンは全てAGAの初期段階の薄毛の発生場所を表していますが、AGAは進行性の脱毛症ですから、最終的には頭部の髪の毛が全て無くなる可能性があります。

 

またAGAが進行してくると、毛の太さがどんどん小さくなっていきます。そして毛包部分が十分育たなくなってくるので、髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。

 

 

このように、AGAの症状は毛が抜け落ちていく進行性の脱毛症ですが、人種などによってもAGAの発症部分が異なります

しかしながら、最終的には頭全体の髪の毛が抜け落ちる場合もあり、髪の毛のライフサイクルが通常の人と比べて短くなり、髪の毛が十分に太く長くなる前に抜けてしまうことにつながるのです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/04/24-378079.php?category=169)

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

AGAの簡単セルフチェック!

  男性型脱毛症はAGAという略称でも呼ばれており、男性にはよく見られる脱毛症...

知っておこう!男性の典型的な脱毛症AGAとは?

  昔から、抜け毛、薄毛、禿げといえば中高年の男性の代名詞と言えます。 し...


AGAと他の脱毛症の症状の違いとは

  髪が抜けることを脱毛といい、脱毛にはいくつかの種類があります。AGAとほか...

AGAの症状が出始める年齢はわずか〇〇歳!

  脱毛症といえば老人のイメージがあります。70代や80代のおじいちゃんははげ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る