カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 救急・救命 >
  4. ふだん当たり前に行っている「手当て」には誤解がいっぱい

健康診断・健康管理

ふだん当たり前に行っている「手当て」には誤解がいっぱい



●すり傷、きり傷をしたときはどうしてる?



すり傷やきり傷をこしらえたとき、あなたはどうしていますか? 
消毒する、水で洗う、乾燥させる、ばんそうこうを貼る、
ガーゼを貼る、ほうっておく……、いろいろありますね。


傷ができると傷口からはぐじゅぐじゅとした液体が出てきます。
これを浸出液と言います。気になるのでつい、消毒して乾燥させて、ばんそうこうかガーゼを貼ってしまいがちですが、実はこれが間違いのもと。体の自然な再生力に任せるならば、
ぐじゅぐじゅなままほうっておくほうがいいのです。


浸出液は、細胞成長因子という物質を含み、
周辺の細胞に働きかけて増殖させ、けがを治す働きをしています。
また、けがをした後にできるかさぶたは、応急処置として、血液の流出を防いだり、雑菌の侵入を防いだりする役目を果たします。


けがをしたとき、この浸出液をばんそうこうやガーゼで取り除いてしまうと、せっかくの再生力を活用することができません。
乾燥させてしまうのももったいない話。
傷の治りはそれだけ遅くなってしまいます。
ばんそうこうやガーゼはあくまでも傷口を保護するためのものと
心得てください。


さらにいえば、消毒薬は傷口を殺菌するために使いますが、
菌だけでなく細胞まで殺してしまいます。
つまり、汚れがはげしく深いところにまで雑菌が入った場合には
有効ですが、通常の傷なら、水洗いをするだけで十分。


通常のすり傷、きり傷なら、水洗いをして、ほうっておく。
これが正解というわけです。


ちなみに最近は、浸出液のなかの傷を治す成分を集めて
傷口に保持する役目を果たす「ハイドロコロイド」素材のばんそうこうも出回っていますので覚えておくと便利です。

(Photo by //www.ashinari.com/2011/04/03-346362.php)

著者: 光成さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

救急・救命に関する記事

子どもや高齢者がいる場合は注意!こんな食品は窒息の危険が!

  日本において食品の窒息事故によって亡くなる人は、年間数千人にのぼります。特...

湿潤療法を失敗させないための、『正しい傷口洗浄の仕方』とは?~傷口化膿の防止策

『湿潤療法』は、消毒をせず傷口を湿らせた状態で治すという新しい治療法で、治りを...


傷の治療に『キズドライ・イソジン』は厳禁?~消毒は感染をまねく、その理由とは

傷の治療法『湿潤療法』を家庭で行う場合、洗浄が上手く行えず化膿させてしまったり...

台風の時にも使える非常グッズ・非常食は置き場所に注意!こんな場所はNG!?○○はOK!?

非常用のグッズや非常食を常に用意しているという家庭は多いかもしれません。地震や...

カラダノートひろば

救急・救命の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る