カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 対処法 >
  5. 食事 >
  6. ・寒い日におすすめ!体を温める栄養素を含んだ食事をとろう

女性のカラダの悩み

・寒い日におすすめ!体を温める栄養素を含んだ食事をとろう

 

多くの女性が悩む冷え性ですが、冷え性でなくても気温の低い冬は体が冷えてしまって体の機能が落ちてしまいます。

こうした体の冷えは、筋肉量や脂肪の量など体を構成するものや、身体活動のエネルギーとなる食べ物によっても大きく影響されます。

 

体を温める栄養素

体を温める食べ物と言うと生姜や唐辛子などが思い浮かぶと思いますが、栄養素と言われるとイメージが難しいと思います。

実は体を温める栄養素として挙がるのはたんぱく質です。

「タンパク質ならいつも摂ってるけど…」と思うかもしれませんが、単純にたんぱく質を食べればいいということではありません。

 

たんぱく質を多めにとろう!

タンパク質は肉類などに多く含まれる栄養素ですが、ダイエットなどで摂取を控えている人も多いと思います。

しかし、たんぱく質が多めの食事を摂ると、体温が上昇するという結果があります。

ある実験では、たんぱく質が多い食事を摂ったところ、その人の酸素消費量が上昇したそうです。この酸素消費量は体の中で熱が発生していることを示すものです。

 

なぜたんぱく質を多めに摂るの?

私達の皮膚や髪など、体の多くの部分はたんぱく質で構成されています。このたんぱく質をエネルギーに変えて消費しようとすると、胃が大量に消化酵素を分泌する必要があります。そのとき、胃が激しく運動するエネルギーが熱を発生させるのです。

これに加え、たんぱく質が分解された後にできるアミノ酸は体に貯蓄できないため、肝臓に貯蓄できる形にしようと分解されます。

この分解するときに起こる化学反応のエネルギーが熱を発生させると考えられています。

 

もしかしたら冷えの原因はたんぱく質の量が少ないために起こっているかもしれません。たんぱく質を多めにとり、冷えない体を目指してみてはどうでしょうか。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/22-006954.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

寒さ対策には寒い時期に採れたものを食べる!

  夏に旬を迎えるキュウリやナスは体を冷やす食べ物として知られています。 冬...

スイカやきゅうりばかり食べていてはダメ!夏場の冷え性対策とは

夏場の方がカラダが冷える。そのように感じる人も多いのではないでしょうか。屋内...


寒い日にはスパイスを上手に摂って体温を上げる!

  体が冷えてしまったときの食事の選択は重要です。単純に温かいものを食べること...

冷え性や風邪予防にオススメのレシピ☆温かあっさりワンタンスープ!

 クセがなく食べやすい中国野菜の代表格の青梗菜はカロテン、ビタミンCや鉄、食物繊...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る