カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 骨髄移植の白血球型の違いで血液型が変わるって本当?

気になる病気・症状

骨髄移植の白血球型の違いで血液型が変わるって本当?

 

白血病などの重い血液の病気を発症した患者さんを救う手段として、骨髄移植が行われます。

その骨髄移植で重要となるのが白血球の型であるHLA型となります。

 

 

◆HLA型の適合性が大切

造血幹細胞の移植には、白血球の型とも言えるHLA型が大変重要となります。骨髄移植では、ドナーと骨髄移植を受ける患者さんとのHLA型が適合していることが必須条件となります。

そのHLA型が適合する確率は、兄弟姉妹間で25%、親子で数%以下、非血縁者ではさらに低い数字となります。

 

◆骨髄移植について

骨髄移植では骨髄から採取された造血幹細胞が用いられます。

血縁者で患者さんと適合するHLA型が見つからない場合には、骨髄バンクが重要な働きを果たします。骨髄提供者登録をしている方からドナーを選んだり、骨髄提供手術などの過程がありますから、実際の移植までにたくさんの時間が要する場合もあります。

 

◆骨髄移植で血液型が変わる?

白血球の型、つまりHLA型のみに基づいて行われる造血幹細胞移植では、移植後に患者さんの血液型(ABO型)が変わってしまうことがあります。

例を挙げると、血液型がA型の患者が血液型B型のドナーからの造血細胞の提供を受けた際には、その患者さんの最終的な血液型はB型に変わります。さらに、血液細胞の遺伝情報つまりDNAも提供者由来のものになります。

 

このように、骨髄移植では白血球の型であるHLA型と、またドナーからのHLA型によって血液型が変わってしまうことなどに気をつけなければなりません。

一人でも多くの患者さんが救われるには、あなたの助けが必要となります。

一人でも多くの命が救われるよう、一度骨髄移植提供者のご登録を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_6335.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

骨髄移植に関する記事

骨髄移植で必要な白血球の型って?骨髄移植におけるHLA型について

  血液型というとA型、B型、O型、AB型が思い浮かぶと思います。 この血液...

骨髄提供に際しての骨髄採取はどれくらいの量?

  毎年日本ではおよそ6千人もの人が、白血病などの重い血液の病気を発症して...


骨髄ドナー登録するまでの流れを知ろう!

  まずはじめに、日本では毎年約6千人もの方が、白血病などの重い血液の病気...

骨髄移植に際しての骨髄採取での麻酔の安全性について

  重い血液の病気を発症した患者さんの命を救える手助けになる骨髄移植ですが...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る