カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 代替療法 >
  6. がん細胞のみに増殖抑制作用のあるキノコ『ボタンイボタケ』

ガン・悪性腫瘍

がん細胞のみに増殖抑制作用のあるキノコ『ボタンイボタケ』

 

自生キノコ『ボタンイボタケ』には正常細胞へ影響のない抗がん作用がある?
 

2011年に青森県立保険大学で『ボタンイボタケ』というキノコに、高い抗がん、抗アレルギー作用のある成分が含まれていることが報告され、特許出願されています。ボタンイボタケは全国に分布している花状の形をしたキノコで、高い細胞増殖作用を持ちながらも、がん細胞以外には毒性を示さないことから、薬への応用が期待されています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。


ボタンイボタケとは?

 

ボタンイボタケとは、アカマツなどの雑木林など全国的に自生しているキノコで、国内では食されていませんが中国の雲南地区では独特の風味を持つことから食用として使用されているようです。毒性はないとされていますが、自生のキノコへを個人で採取すると毒性のある種との取り違えがあるなど危険な点も多いので、注意が必要です。

 

【大きさ】直径5~10センチ、高さ5~8センチ
【形状】表・裏共に橙黄色~橙褐色で縁(ふち)は白色。裏は細かい乳頭状のいぼに覆われており、八重咲きの花のような形状である。
【含有機能性成分】2種類の機能性成分『バイアリニンA』『テレファンチンO』(アルコール抽出による)

 

<機能性成分について>
2種類の抗がん成分『バイアリニンA』『テレファンチンO』は、5つのベンゼン環に、4つのフェノール性水酸基、2つのカルボニル基を持った物質です。【パラ-ターフェニル骨格(3個のベンゼン環が直線的に連なる)を持ち、3つのうち中央のベンゼン環の炭素全て(6個)に置換基を有しており、また隣接する2つのフェノール性水酸基を持つ】という構造をしています。

 

青森県立保健大学の研究によると、【パラ-ターフェニル骨格上の隣接する2つのフェノール性水酸基と鉄イオンのキレーション(配位結合)が殺がん細胞活性発現に必須である】ことが明らかになっています。

 

◆バイアリニンA
体内でタンパク質を分解する酵素『カスパーゼ』の働きを低下させることから、カスパーゼが関係するとみられる肝疾患、虚血性疾患、パーキンソン病などの対策にも応用が期待されている。

 

◆テレファンチンO
生理活性物質で、正常な肝細胞には毒性を示さず、肝がん細胞と大腸がん細胞の生存率を下げ、増殖を抑える機能があるといわれている。


カスパーゼの活性が低下するとどうなるか?

 

上記の酵素『カスパーゼ』とは、DNAが傷害された際の細胞死刺激によって放出されるタンパク質分解酵素で、アポトーシスを実行する主要分子と言われています。(アポトーシス:生体にとって不要となった細胞を排除する主要機構)。

アポトーシスを引き起こすことから、殺がんには必須の酵素と思われますが、アポトーシスが過度になり不履行を起こすと、様々な疾患を引き起こします急性炎症、自己免疫疾患、虚血性疾患、神経変性疾患など)。

 

⇒カスパーゼ活性を抑制することで、アポトーシス異常で引き起こされる疾患の治療に繋がと考えられています。

 

<カスパーゼ抑制によって効果があると見られる疾患>
◆外傷性脳障害
◆筋委縮性側索硬化症
◆パーキンソン病など


最後に


現在、青森県立保険大学では、上記2種の機能性成分の合成に成功し、またフェノール部を改変した様々な類縁体の合成にも成功したと報告されています。今後は、同成分を用いた治療薬の開発などを行っていくと言われており、新たながん治療薬としての期待が持てそうです。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E8%8F%8C-%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3-%E6%A3%AE%E6%9E%97-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%A4%96-%E7%A7%8B-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF-205854/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

代替療法に関する記事

科学的根拠が薄い?西洋医学以外の治療法「代替療法」について

がんの治療のために、音楽療法やサプリメントの摂取などに取り組む人もいます。これら...

代替療法をする前に医師に相談を!

厚生労働省の研究によると、研究対象施設のがん患者さんの半数以上が代替療法を受け...


コーピングとは

コーピングとはストレスを除去、緩和する方法の一つです。ストレスコーピングとも呼ば...

効果が期待される「ビタミンC治療」…ビタミンCは3方向からがんを退治する!

  がん治療には、標準的な手術や放射線、抗がん剤の治療の他に、がんのために行う...

カラダノートひろば

代替療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る