カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 骨髄移植 >
  5. 骨髄移植で不妊に?骨髄移植で患者さんに知らされない事実!

気になる病気・症状

骨髄移植で不妊に?骨髄移植で患者さんに知らされない事実!

 

骨髄移植は、白血病などの重い血液の病気を発症した患者さんを救う手段として用いられています。しかし、この骨髄移植によって思わぬ弊害が生じることが、患者さんに知らされていないというのが現状です。

 

そこでこちらでは、患者さんに知らされない骨髄移植による症状を簡単にまとめましたので、是非参考になさってくださいね。

 

◆骨髄移植によって不妊になる?

骨髄移植によって生じる悪影響として不妊が挙げられます。というのも、骨髄移植を受けると卵巣機能が低下し、ほぼ100%不妊になるとされているからです。

女性にとってはとても悲しい症状ですね。このことを女性の患者さんが知らないまま移植し、後になって悔やむ方が大変多いそうです。

 

◆骨髄移植による不妊の解決法とは?

骨髄移植によって生じる不妊を解消する手段としては、卵子凍結保存という方法が適しているとされています。

卵子凍結保存とは、移植前に自分の卵子を保存する方法です。なので、移植後にその卵子を使い、子供を授かることが出来ます。

 

白血病などの重い血液の病気は昔だと完治が大変難しい病気でした。

しかし、骨髄移植などの治療法の登場により、元気になる患者さんが増えています。

だからこそ、医師は患者さんが元気になった時に「自分は子供を生むことが出来ない体になってしまった」と悲しむことのないように、将来の事も考えて治療をすべきだとされています。

 

そうはいっても、卵子を保存するには何度も通院し、高い誘発剤を打つことが必要となってきますので、経済的にも肉体的にも大きな負担が伴います。

ただでさえ、骨髄移植では費用がかかりますから、卵子凍結保存が保険適用になり、骨髄移植とセットで行えるようになれば良いと思います。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2012/12/blog-post_1032.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

骨髄移植に関する記事

骨髄採取にあたっての準備とその後の流れ 知っておけば心配ナシ!

  骨髄提供者登録をしていて、そしてその骨髄を必要とする患者さんが現れた場...

骨髄ドナー登録するまでの流れを知ろう!

  まずはじめに、日本では毎年約6千人もの方が、白血病などの重い血液の病気...


知っておこう!気になる方へ…骨髄バンクへのドナー登録から骨髄採取の後までの流れ

  日本ではまだまだ骨髄バンクへの登録が十分とは言えません。実際骨髄バンクにド...

骨髄液を採取する時、考えられる危険… 最も大きな危険は「麻酔」

  骨髄バンクにドナー登録している場合、自分の白血球と型がある患者さんがあらわ...

カラダノートひろば

骨髄移植の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る