カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. どうして献血をエイズ検査目的で受けてはいけないの?

健康診断・健康管理

どうして献血をエイズ検査目的で受けてはいけないの?

 

想像してみてください。例えば、あなたのお父さんやお母さんが重い病気になり、たくさんの輸血が必要となった場合。あるいは、将来あなたのお子さんが、病気や事故などにより輸血が必要となったとき。

そんなときに、輸血用の血液が足りずに、あなたが大切にする人の命が、助かるはずだった命が救われなくなってしまった場合のことを想像して下さい。

 

大切な命を1人でも多く救うためには、一人ひとりが献血に対しての十分な理解が必要となってきます。

また、血液人工的に作ることも、長期間保存することも出来ません。なので、絶やすことなく血液を常時安定的に確保しておく必要があります。

 

しかしそんな中、献血について十分な理解をせずに、献血をエイズ検査を目的として利用する方があとを絶ちません。

 

 

◆どうしてエイズ検査を目的とした献血がいけないのか

日本では1日に約3,000人の方が輸血を受けることで救われています。つまり年間約100万人の命が救われているんですね。

このような輸血医療を支えているのが、皆様からの善意により成り立っている献血になります。

 

「エイズ検査目的の献血」は、そのように皆様の善意によって成り立っている献血の信頼性を脅かしてしまいますから、絶対にあってはならない行為と言えます。

もしも、エイズ目的とした献血で得られた血液が、感染済みのものだったら…輸血を受ける患者さんだけでなく、そのご家族の方や多くの方々に深い悲しみを与えてしまうだけでなく、深刻な状況をもたらす恐れがあります。

 

献血は、一人でも多くの患者さんの命を守るボランティアであるだけでなく、患者さんの健康に直結する行為であるということを十分に理解してくださいね。

 

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_3942.html])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

献血した血はその後きちんと使われているの?

  献血をした後には少し体が疲れたような感じがあっても、いいことをしたなという...

採血方法によって献血の基準は異なるって本当?

  多くの患者さんの命を救っている手段として、輸血医療が挙げられます。その...


血管が損傷して皮内に血液が漏れる?!注射をすると腕に内出血が起こる原因

  腕に注射や点滴、採決の針を刺した跡が大きな内出血になり、驚いた経験はあ...

献血での検査採血ってどの段階で行われるの?

  病気の手術や事故など、命の危険に迫られている患者さんの命を救っているの...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る