カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 献血 >
  4. エイズ検査は献血ではなく、保健所を利用しよう!検査の流れ

健康診断・健康管理

エイズ検査は献血ではなく、保健所を利用しよう!検査の流れ

献血で集められた血液は、輸血用の血液として患者さんへと受け継がれています。

そのため、献血された血液に対しては厳重なエイズ検査が行われています。

 

しかし、あくまでもこれは輸血された患者さんへの感染を防ぐもので、献血は検査をすることが目的ではありません。

なので、エイズ検査の結果は献血者本人には通知されていません。

 

もし、エイズの検査結果が通知されるとどうなる?

もしも、エイズ検査の結果を通知するようになってしまうと、エイズに感染しているかもしれないと思っている人達による、エイズ検査の結果を知る目的での献血が増えます。

そのような理由から献血を受ける人が増えてしまうと、エイズに感染している血液が患者さんに輸血されてしまう恐れも極めて高くなってしまいます。

 

このような理由から、エイズ検査の結果は通知されていません。

より安全な血液を患者さんに届けるためのことであると十分に理解しておく必要があります。

 

エイズ検査は献血ではなく保健所で!

このように、献血で行われるエイズ検査は感染拡大を防ぐものであり、感染しているか否かを発見するためのものではありません。

 

病気や急な事故によって命の危険にある患者さんを救っている有効な手段として輸血が挙げられ、その輸血医療を支えているのが献血になります。

 

ですから、献血が輸血を受ける患者さんの健康状態に直結していると言っても過言ではありません。

そのような献血を「エイズ検査をしよう」とエイズに感染している恐れのある人が受けるのは間違っています。

 

「では、どこで検査を受ければいいの?」と思われる方がいらっしゃることでしょう。

病院でももちろんエイズ検査を受けることが出来ますが、近くの保健所でも受けることが出来ます。

 

保健所では、様々な性病の検査を無料で受けられます。

つまり、エイズ検査以外にも様々な検査を受けられるということになります。

 

もしも「エイズに感染しているかもしれない」という自覚があるのなら、献血所ではなく、保健所に足を向けるようにしてください。

献血は、献血を受ける患者さんの健康に直結する行為であるということをお忘れなく。

 

保健所でのエイズ検査の流れとは?

エイズの検査は献血でではなく、保健所で行うことをおすすめします。

こちらでは、保健所でのエイズ検査の流れについて簡単にご紹介しますので、是非参考になさってくださいね。

 

予約から検査までの流れ

保健所でのエイズ検査はどのような流れによって行われるのでしょうか?

まず、実際に検査を行う前にしなければならないのが、検査の予約を行うことです。

 

予約は電話で行って下さい。

その際、当日に予約確認を行うための名前を伝えなければならないのですが、決して本名でなければならないということはありません。

ニックネームでも偽名でも何でも構いません。

 

その予約が終わりましたら、指定日時に保健所に行って下さい。

検査自体は一般的な事務作業とはまた別の場所で行われますが、1人1人隔離されるようなことはないので、もし万が一、顔見知りが同じ日に検査を受けに来ているのであれば、鉢合わせすることでしょう。

 

受付をし、当日の検査番号で割り振られます。

検査ではすべてこの番号で呼ばれます。

予診票に自覚のある症状や危険行為の時期についてなど、様々な項目に記入します。

それが終われば問診へと移り、検査結果確認時のスケジュール調整を行いますが、この際に保健師さんもしくは看護師さんと顔を合わせることになります。

 

以上のような流れの後に、やっと血液検査を行います。

順番に呼ばれますから、呼ばれたら個室に向かい採血を受けて下さい。

 

検査結果

検査結果が出るまで1時間ほどかかりますが、待っている間に誰かに会いたくない、時間がないという方は後日結果を聞きに行くことをお勧めします。

 

検査結果は個室にて医師から伝えられます。

陰性の場合はこれで検査が終了となるのですが、陽性の場合ですと確認の検査として2週間ほどかかります。

ですから、2週間後に再び検査結果を聞くことになります。

 

最後に

このように、誰とも顔を合さずに検査を受けることは不可能となっております。

しかし、気にする必要はどこにもありませんから、気軽に検査を受けてみてはいかがでしょうか?

 

(イラスト by: [//www.irasutoya.com/2013/09/blog-post_4641.html])

著者: みの痔さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

献血に関する記事

献血の際のエイズ検査で陽性だった場合、通知される?

  日本では毎日300人もの人が輸血を受けることで、その一命を取り留めてい...

自分の健康もしっかり守ろう!献血後の過ごし方

  街中などで一度は見たことがあるのが献血カーです。それほど大きな車ではなくて...


献血時の問診票の内容ってどんなもの?何のために問診票があるの?

  病気による手術や事故などにより、命の危険が迫っている多くの患者さんの命...

採血方法によって献血の基準は異なるって本当?

  多くの患者さんの命を救っている手段として、輸血医療が挙げられます。その...

カラダノートひろば

献血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る