カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 食材を体を温めるものと冷やすものに分類!覚えて体を冷やさないようにしよう

女性のカラダの悩み

食材を体を温めるものと冷やすものに分類!覚えて体を冷やさないようにしよう

 

昔から中国では、その食べ物の性質が体を温めるものか冷やすものかという点で、食材を区別して考える方法がありました。これを知っていれば、体が冷えているときになるべく体を温める食材を選択することができるでしょう。

 

体を温めるものを〇、体を冷やすものを×として以下に書いていきます。

 

便宜上〇、×と書きますが、決して×の食材がダメということではなく、体を冷やす食材以上の意味は持ちません。

 

穀物

〇もち米、ライ麦

×そば、小麦粉

 

…よく食べる白いご飯などは〇×の中間の食べ物で、体の熱エネルギーに対する影響は少ないものです。

 

甘味料

〇黒砂糖、水あめ

×白砂糖

 

豆類

〇いんげん、そら豆、納豆

×豆腐

 

魚介類

〇あじ、さば、いわし、えび、たい、かつお、たら、ぶり、あなご、うなぎ

×かに、かき、しじみ、たこ

 

肉類

〇羊肉、鶏肉、鹿肉

×馬肉

 

乳製品

〇チーズ

×牛乳、バター

 

野菜類

〇玉ねぎ、にら、しょうが、にんにく、ねぎ、かぶ、かぼちゃ、だいこん、しし唐、しそ、チンゲン菜、みょうが、わさび、れんこん、ごぼう、にんじん

×きゅうり、レタス、なす、トマト

 

果物

〇桃、ザクロ、きんかん

×バナナ、パイナップル、なし、いちご、メロン、みかん、りんご

 

嗜好飲料

〇日本酒、紅茶、ココア、中国茶

×緑茶、コーヒー

 

こうして書きましたが体を冷やす食べ物を食べてはいけないわけではありません。むしろ体を冷やす食べ物を避けてばかりいると栄養バランスが崩れる可能性があります。

 

体を冷やす食べ物は温めて食べるなどして工夫すれば、体への負担が少なくなります。

あくまでもこれらの食材の区分を食事を選択する際の一助としましょう。

 

基本的には体を温める食材を選べば血行循環が良くなりますし、外の寒さで体が冷えたとしても、体表温度が回復しやすくなりますのでそれを軸にしてバランスの良い食事を摂ることが必要です。

 

体を冷やさないお酒の飲み方

お酒の席ぐらい、冷え性のことは考えないで自由にお酒を飲みたいかもしれません。たまにならそれでもよいですが、お酒を飲む機会が連続したりすると体に負担がかかって冷え性にも拍車がかかってしまうかもしれません。そうならないように、ちょっとお酒の飲み方を考えてみてはどうでしょうか。

 

アルコールの種類

体を冷やすアルコール:ビール、ウイスキー

体を温めるアルコール:赤ワイン、日本酒

 

夏場はキンキンに冷えたビールがおいしいですが、残念ながらビールやウイスキーは体を冷やし、冷えを悪化させる恐れがあります。だからといって生ぬるいビールを飲むのもおいしくないですから、選択肢を変えてみましょう。おすすめは赤ワインや日本酒です。これらは体を冷やすことなく、むしろ温めてくれる作用も期待できます。冬場であればホットワインや熱かんにして飲むとさらに効果があります。

 

ただし、たとえ赤ワインや日本酒でも、量をたくさん飲めばアルコールの作用で放熱が増えてしまって、体を冷やす結果になってしまいますので適量を守ることが大前提です。

 

おつまみ

おつまみを食べるときに、大きく気にしておくとよいのは調理方法です。食材によっては体を冷やす・冷やさないなどとありますが、そういったことも調理や加工のされ方で幾分か違ってきます。

 

塩漬け・発酵・煮込み

例えばキュウリは体を冷やす食材ですが、キュウリの浅漬けならば、体を冷やす作用も幾分か緩和されると言った具合です。他にもチーズなどの発酵食品や、モツ煮込みなど、おつまみを選ぶ際は少し気にしてみてはどうでしょうか。

 

冷え性がひどい人は、お酒の席での食事で失敗し、冷え性をさらにひどくしてしまう場合もあります。悪化してしまう前に、ちょっとしたお酒の選び方を知っておきましょう。

 

寒い冬は食事で身体の芯から暖かくなろう!

寒い冬は芯から温まりたいものですよね。温かいお風呂へ入ったり、厚着をしたりしても、身体の中からはなかなか温まらなかったりします。そんなときは日ごろの食事を見直して、身体の中から温まる食事を心がけてみましょう。

 

旬の食材を使おう!

旬の食材はその時期に採れておいしく食べられる食材です。その時期に適した食材ですので、冬は身体が温まるもの、夏は身体を冷やすものが旬の食材になってきます。この旬の食材を使ってスープや鍋などをすると体も温まり、且つおいしい食事ができます。

 

冬に旬な食材

 

根菜類(大根や、レンコンなど)

イモ類(ジャガイモ、サツマイモなど)

にら

ねぎ

さわら

ぶり

秋刀魚 

 

など色々あります。

また、これらに肉類(牛肉、鶏肉、羊肉)を加えると、さらに効果的です。

 

温かい食事をとろう!

身体を温めるには冷たい食事はNGです。冷たいものは胃腸の働きを弱めてしまいます。常温よりも温かさのあるものを食べましょう。

温かい食事は胃腸を温め、身体の内側からぽかぽかしてきます。

 

冷やす食材も薬味を加えることで身体が温まる?

今では冬に旬を迎える食材でも夏に旬を迎える食材でも年間を通して手に入れることができます。冬の食材のみで食事を作るのもなかなか難しいですよね?

 

そんなときは夏の食材を加熱して食べれば体が温まります。

スープや、お鍋、シチューなどにするのもいいかもしれません。

 

また、夏の食材と一緒に使うと効果的なのが、薬味です。「しょうが」「とうがらし」「ねぎ」「にんにく」などは血管を広げ脂肪の燃焼を助けて体温を上げてくれます。

 

栄養バランスの取れた食事を心がけ、おいしい旬のものを食べ、そして調理の工夫をすれば、心も身体も温まりますね。

 

危険!夏の病気“冷房病”!もし冷房病になってしまったら…温かい物を積極的に取り入れて!

夏に引き起こしてしまう症状に“冷房病”があります。冷房病は正式な病名ではありませんが、クーラーがしっかり効いている室内と、気温の高い外との行き来によって、感じる温度差の激しさに体が対応できず体調を崩してしまう症状のことを指します。

 

夏場はどうしてもこの温度差を感じてしまいますし、なかなか避けることの出来ない環境です。冷房病にならないための対策とはどんなものがあるのでしょうか??

 

温かい物を積極的に取り入れよう!

外はとても暑く、室内・店内では身震いするほどの寒さを感じてしまう夏ですが、出来るだけ体が温度差を感じないようにすることが対策の1つになります。

 

上着を一枚羽織る・持ち歩く事も良いですが、体の内側からぽかぽか温かくなるためにはHOTなドリンクを飲んでみたり、温かいスープなどを積極的に取り入れるようにしましょう。体の内側からじわじわ温かさが伝わり、寒さを感じにくくしてくれます。

 

夏場こそしっかり湯船に浸かろう!

夏にはついついシャワーで済ませてしまったり、暑いからと、短時間入浴で済ませてしまう方が多いです。しかし、夏場こそ、しっかりお湯に浸かって、日々の疲労を回復させ、体の芯からポカポカ温まることが大切です。

 

体を温めることは、体の様々な機能を正常に働かせてくれ、免疫機能のアップ・冷え対策・十分な発汗・血行をよくしてくれるなどの効果が期待出来ます。暑い季節こそ、体の冷えに疎くなってしまいます。

 

もし冷房病になってしまったら

なんだか体がだるい・フラフラしてしまう・やる気や食欲が出ない・・・などの症状を感じた場合には、しっかりと睡眠をとりましょう。自律神経の働きを正常にさせるために、睡眠・食事は必ず手抜きをすることなく改善させましょう。

 

症状が酷い場合には病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。漢方の薬を処方してくれる病院もありますし、睡眠が出来ない場合には睡眠薬を処方する病院もあります。しかし、基本は薬で対処することに頼らず、日々の生活を改善させることが一番重要です。

 

冷房病になってしまうと、時に鬱症状を引き起こしたり、別の新たな病気を引き起こしてしまうキッカケになってしまったりと大きな問題に繋がってしまうこともあります。まずは冷房病にならないための予防をしっかりと行いましょう。

 

東洋医学で内臓型冷え性を緩和するために活躍する!覚えておきたい漢方、当帰芍薬散&安中散

さまざまな病気や症状に対して、東洋医学と西洋医学では違った見方をすることがあります。

 

冷え性に関しては、東洋医学においては、虚弱体質による冷えと不安感や緊張感による冷えに分けられています。

このうち、西洋医学で言う内臓型冷え性は虚弱体質による冷えに分類されています。

 

水と血のめぐりを良くする、胃腸を温める薬

内臓型冷え性(東洋医学では虚弱体質による冷え)は、水と血のめぐりを良くする薬や胃腸を温める薬で治療するのが一般的です。

 

もともと内臓の働きが弱く、体を温めるための十分な熱がないことから、冷え性が起きていると考えられます。

 

具体的に使われる薬の代表には、当帰芍薬散があります。これは水分の流れを良くする薬で、貧血が治せるのも特徴です。

また、胃腸に特化したタイプの漢方薬としては、胃を温める働きのある安中散という薬もあります。

 

その他には大建中湯、真武湯などが、内臓型冷え性の治療に使われる漢方薬です。

 

期間は最低でも1か月以上

漢方薬は、効果が現れるまでに多少の時間を必要とするタイプの薬です。

 

西洋医学の処方薬では症状にダイレクトに対処しますが、漢方では背後にある体質に焦点を合わせるので、改善に時間がかかるのです。

 

一般的には、漢方薬は最低でも1か月以上飲まなければ効果が見えないと言われており、慢性的な内臓型冷え性にかかっている場合は、2-3ヶ月飲んで、初めて症状が軽くなったと感じられるケースが多いです。

 

東洋医学による内臓型冷え性の治療には、漢方薬のほかに鍼灸療法もあります。

冷えについてのしっかりした知識と技術を持っている先生のもとで、鍼灸治療を受けてみるのも一つの方法です。

 

また、東洋医学上で言われる、『体を冷やす食べ物』は避けておきましょう。

 

お湯なのに実はスゴイ効果的!季節の変わり目は白湯で体を温めよう!

沸騰させたお湯を冷ましたものを白湯といいますが、この白湯は季節の変わり目には特におすすめの飲み物です。

白湯を飲むことで体が温まり、体温を上昇させることができます。

季節の変わり目は、温度差が激しく、体が冷えやすくなっています。

 

衣類で体の外を温めることはできますが、体の中も同時に温めないとなかなか芯から温まりません。

 

白湯の効果的な飲み方

朝起きたら、やかんにお湯を沸かして、しばらく沸騰させてからコップにそそぎましょう。

お湯の温度が40度ぐらいになれば、ゆっくりと時間をかけて飲みましょう。

※少し熱いと感じるくらいが丁度良い温度です。 

 

また、就寝前に飲めば寝つきがよくなります。

 

白湯の他の健康効果

・新陳代謝を高める

・ダイエットに効果的

・むくみによい

・便秘によい

・不眠症に効果的

 

白湯は胃にやさしいので、胃が疲れやすい現代人には非常に適した飲み物です。

水筒にいれて持ち歩くなどして、こまめに飲むよいでしょう。

白湯は非常に経済的な飲み物でもあります。

 

ポットやケトルでお湯を沸かしても問題はありませんが、やかんで沸かすとカルキが抜けるのでおすすめです。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2012/06/25-363942.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冷え性に関する記事

筋肉量の少ない女性&ストレスの多い人は内臓型冷え性に要注意!体温とカラダと美の関係!お尻が冷えやすい理由?

体の内部が冷えてしまうのが「内臓の冷え性」の問題です。末端冷え性に比べると、...

体温が高めの人は暑がり・寒がりどっち?平熱が高い人は免疫力が高い!冷え性になるのは日本人だけ!?

体温が高めの人は暑がり、低めの人は寒がりといったことが言われたりしますが、そ...


セルフお灸で冷えを改善!効果的な入浴方法とは?!正しい足の温め方

近年、自宅で行うお灸が人気です。血の巡りを良くするお灸は冷え性対策にも最適。...

内臓型冷え性を改善するカイロの使い方☆冷え性解消トレーニング・お腹マッサージとは?冷え性の予防と対処法について

冷え性といっても様々、内臓から冷えている冷え性を改善するためには、様々な対策...

カラダノートひろば

冷え性の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る