カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 免疫 >
  5. がん治療はめざましい勢いで進歩しているのを知っていますか?現代ではがんは治せます!

ガン・悪性腫瘍

がん治療はめざましい勢いで進歩しているのを知っていますか?現代ではがんは治せます!

 


がんイコール死の病、と恐れられているがん。

その理由は、がん細胞の能力にあります。



●がん細胞が恐れられている4つの理由

がん細胞が恐れられている理由の1つめは、運動能力が高く、

すばやく動くことができる点。

2つめは、通常の細胞にはない突起のようなものを使って、

細胞のすき間にうまく入り込み、自由自在に動くことができる点。

次いで3つめは、なかなか死なず、どんどん分裂して増えていく点。

最後に4つめはその分裂のはやさ。他の細胞と比べても圧倒的な

速さで増えていくという点です。



●がん治療はめざましい勢いで進歩しているのを知っていますか? 

片や、医学の力もあなどってはいけません。

たとえば胃がんの生存率でみると、1977~81年は59.1%だったものが、

82~86年は63.1%、87~91年は68.7%、92~96年は71.9%、

97~99年は74.4%とどんどん上昇しています(国立がん研究センターがん対策情報センター「初回入院患者の入院歴年別5年生存率の推移」より)。

 

以前は、がんは全滅させるまで治療する、

という考え方が一般的でした。しかし最近では、がん細胞が体のなかに

あっても、悪さをしないのであれば、そのままの状態を維持していけば

いいではないか、という考え方に移行しています。

というのも、がん細胞はただ増えるだけで、

他の細胞に危害を加えるとか、毒を撒き散らすとかいうことは

ありません。ならばなぜがんで亡くなるかといえば、

がん細胞が臓器のなかで増えすぎるために、

その臓器の働きを圧迫するため。

そこで、たとえばがん治療の薬は、以前はがん細胞を殺すことだけを

目的としていましたが、最近ではがん細胞の増殖をストップさせる働き

をするものが開発されています。

 

また、放射線治療にしても、がん細胞に強い放射線を当てて殺すという

ものではなく、ピンポイントで弱い放射線をさまざまな方向から当てることで、患者の体への負担を減らそうというものに移行しています。

いずれにせよ、がんにならなければそれに越したことはありません。

いまできることは、がんを招くと言われている

食事や生活習慣を改めて、予防を徹底すること

そして早期発見のための検診を心がけること

これが最善の策だと心得てください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/16-010316.php)

著者: 光成さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

免疫に関する記事

治療中の免疫力を保つためのおすすめの食べ物って?食べて免疫力を高めよう

  免疫力はガン治療中の人にとっては大きな課題となります。ガンの標準治療である...

抗癌剤の副作用に負けないために自己免疫力の向上を!

      悪性の腫瘍(がん)が見つかると、大概はその治療として化学療法である...


ガンの治療の新たな治療法「免疫療法」ガン治療の2種類の免疫療法を知ろう!

  ガンの治療法と言えば手術によって腫瘍を取り除くのが基本で、そのほかに抗がん...

知っておきたい、ガン・悪性腫瘍の免疫療法~ほかの治療法との違いは?

  ガン・悪性腫瘍の治療方法のひとつに免疫療法もしくは免疫細胞療法と呼ばれる治...

カラダノートひろば

免疫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る