カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 子どもの感染症予防に、手洗いうがい…嚥下で予防できる?!

育児・子供の病気

子どもの感染症予防に、手洗いうがい…嚥下で予防できる?!

 

子どもは単純に風邪をひいただけでも、高熱に嘔吐に下痢にと、とてもつらいです。特に体の小さな子どもは嘔吐や下痢によって水分を失うと脱水症状に陥りやすく、できればこうした冬の感染症はかかりたくないものです。

 

 

感染症から子どもを守る!

風邪のみならず、インフルエンザやノロウイルス、近年はマイコプラズマ肺炎などもありますが、冬は様々な感染症が子どもを襲います

予防接種にも限界があり、基本的には生活の中で感染症を予防することが大切になります。

 

基本は?

もちろん、感染症感染予防のために必要なのは基本的な手洗いうがいに始まり、健康的な生活です。手洗いうがいは病原体が体の中に入るのを防いでくれますし、健康的な生活を送ることは免疫を上げてくれます

食事でしっかりと栄養をバランスよくとることや、日中体を動かすこと、そして十分な睡眠をとること、生活のリズムを規則正しく刻むことなどが基本です。

 

嚥下で予防できる?

病原体は空気中にたくさおり、それがのどにはりついたことを想定してうがいをします。しかし近年、このうがいにはあまり効果がないのではないかと言われています。それよりも頻繁にひと口だけ飲み物を飲み込む方が効果的と言われることがあります。

これはのどにはりついているとされる病原体を、のどで悪さをする前に体の中に流してしまうことによって、体の中(胃酸など)で病原体を処理してしまうのです。

これは水分補給によって常にのどを湿らせておいて、のどでの病原体の繁殖を抑える効果も期待できます。

 

人によっては中途半端な手洗いうがい、マスクなどよりもこうして常にのどを湿らせ、飲み物を頻繁に飲みこむことの方が感染症予防に効果があるとも言います。だからと言って手洗いうがいをしないでもよいわけではありませんが、試してみても良いかもしれません。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/05/26-337056.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

ぜいぜい呼吸が止まらない!?RSウイルス感染症にかかってしまったら

冬場はインフルエンザなどの感染力が強いウイルスが繁殖する時期。乳幼児を子育て中...

え、これが間違いだったの?!子どもが高熱を出した時にやってた「アレ」は意味がなかった!

子どもが熱を出したときの対処法を間違えていませんか? 子どもはよく熱を出します...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る