カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 冬の感染症対策…子どもの予防接種を受けさせるタイミング

育児・子供の病気

冬の感染症対策…子どもの予防接種を受けさせるタイミング

 

冬の季節は家族、特に子どもの健康管理に注意を払うと思います。

栄養のある料理をつくったり生活のサイクルを整えたりすると思いますが、特に感染症に対してどう対処していくかに気を使いますよね。

 

予防接種という選択

冬に流行する感染症に対しては予防接種と言う選択肢があると思います。

子ども、特に生まれてから1、2年は特別に冬の感染症に対する予防接種でなくても、定期予防接種をたくさん受ける必要があります。

定期予防接種については母子手帳などと共にスケジュールなどをもらっていると思いますし、それに合わせて任意接種を選択して予定を立てていると思います。

そうした定期予防摂取の予定と共に、冬の感染症の予防接種の予定を組み込んでしまうとよいでしょう。もしかするとその子によって定期接種を優先するか季節の予防接種を優先するか変わりますので、必ず医師に相談して行いましょう。

 

予防接種を受けるタイミング

冬の感染症に対する予防接種は、もちろん感染症が流行する前に受けましょう。その意味でも早めに予防接種のスケジュールに組み込む必要があります。

早めに受けると効果が最後まで続くか心配になるかもしれませんが、インフルエンザの予防接種にしても約半年は持つと言われていますので持続期間について心配する必要はあまりないでしょう。

 

予防接種ってしなければだめ?

まだ小さい子どもの場合、予防接種を受けると次の日に高熱を出したり、針を刺すときに大泣きしたりと、思わず子供がかわいそうと思ってしまうこともあると思います。また、実際に感染した方が免疫は強くなるというところもあるのですが、だから予防接種を受けなくて良いということではありません。

予防接種を受けないで感染症に感染した場合、症状が重くなりますし合併症が生じる可能性もあります。

また予防接種を受けて感染予防をすることは、感染拡大を抑える意味もあります。

 

子どもの状態によって医師から予防接種の時期をずらすように言われたりもしますし、予防接種を受けたら感染症にかからないわけでもありませんが、子どものために考えてあげる必要はありそうです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/04/16-001661.php?category=51])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

しっかり病気を予防したい!BCGを接種して子どもを結核から守ろう!

2013年4月から、BCGワクチンを生後11ヶ月まで定期接種できるようになりま...

たくさん予防接種があって混乱!?乳幼児の予防接種の種類と接種のスケジュール!

乳幼児期に感染症にかかると大人よりも重症化しやすく、場合によっては命の危険も...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る