カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 赤ちゃんにとって快適な温度って何度?

育児・子供の病気

赤ちゃんにとって快適な温度って何度?

 

WHOは子どもが寝る部屋の温度は20度以上になっていることを推奨しています。こうした推奨がなされているように、免疫力が弱く、体温調節が十分ではない赤ちゃんにとって室内温度の調節は必須のことと言えます。 

 

冬の赤ちゃんの快適環境

赤ちゃんにとって冬の室内温度の適温は20~23度とされています。体感温度を考えると湿度を考えることも必要で湿度は40~60%が適当です。

これは冬に流行しやすいウイルス対策としての湿度設定でもありますし、これが高すぎると今度はダニの繁殖を促進させることにもなりますので高すぎない湿度がよいでしょう。 

 

また、窓を開けると寒いですが換気をすることはとても重要ですので、1日数回は換気をして空気を入れかえましょう。

 

赤ちゃんは温度の影響を受けやすい

赤ちゃんは体重あたりの体の表面積が大きく、そのため室温の影響を受けやすいです。ですから温度が低くなれば簡単に低体温になりますし、高くなれば高体温になります。

 

また、必ずしも大人の感じる室内温度の快適さと、赤ちゃんが感じる快適さは一致しないということも知っておきましょう。

ですから大人の感覚で温度を設定せず、赤ちゃんの様子をよく観察して、こまめに室内温度を変えてあげる必要があります。

 

部屋の中でも気をつけて

エアコンやヒーターなどで室内の温度調節をしていると、温風が当たる場所とそうでない場所がでてきます。すると設定した温度よりも赤ちゃんがいる場所が暑かったり寒かったりします。これは部屋の構造によっても違いますので、実際に部屋の空気の通りを考えて、赤ちゃんがいる場所を調節してあげましょう。

 

室内温度を高めにしたら、赤ちゃんの洋服や布団で調節をするという方法もあります。赤ちゃんに合わせすぎて大人が我慢してしまうよりは、こうした洋服などの調節でバランスをとるのがよいかもしれません。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014446.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠(ねんね)に関する記事

睡眠中の子どもが歯ぎしりをする…

  子どもが寝ているときに、歯ぎしりをしているのを聞いたことがあるという親御さ...

異常!?でも治療する必要のない律動性運動障害

  乳幼児期から4歳くらいまでの時期で発症する睡眠障害に律動性運動障害という疾...

睡眠(ねんね)の体験談

ネントレの本のおかげで夜寝てくれるように!

朝の時間はママはばたばたしますが、夜ちゃんと寝ることにも繋がってくるのでとても大切だそうです。ネント...

寝かしつけとは程遠いけど。うちの子の寝方

息子が11ヶ月ごろのことを思い出して書いています。 母乳でずーっと育てていて、夜の寝かしつけも...

カラダノートひろば

睡眠(ねんね)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る