カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. 湯冷めに気をつけて!冬の入浴は、準備を完璧に!

育児・子供の病気

湯冷めに気をつけて!冬の入浴は、準備を完璧に!

 

小さい子どもをお風呂に入れることは、ママやパパにとって一つの大きな作業だと思います。夏は湯冷めなどの心配はありませんが、冬のお風呂は準備からお風呂をあがるまでいろいろと大変です。

 

 

冬の入浴はこんな風に!

先述のように冬は湯冷めなどの可能性があり、それで体調を崩してしまうとまた大変です。ですからきちんと段取りをしてお風呂に入れてあげる必要があります。

 

温め準備

まず、入浴に先がけて温めることが重要です。部屋を温めておくことはもちろんですが、お風呂場と脱衣所も温めておきましょう。よく冬場の高齢者の突然死の原因としてヒートショックが言われます。

このヒートショックは部屋の温度差によって血管の収縮が追いつかずに起こるもので、赤ちゃんに起こるというわけではないのですが、それくらい体に負担がかかるものです。赤ちゃんは体温調節機能が大人ほど成熟していませんので、温度差は体に大きな負担を与えます

ですので、浴室にはシャワーで温水をまいて温めておいたり、脱衣所は小さなヒーターで温めておいたりするのが良いかもしれませんね。

 

服を準備

もちろんお風呂から出た後に赤ちゃんにすぐ服を着せられるように、子どもを上に置けばそのまま着衣できる状態にしておいておきます

赤ちゃんの体を拭くタオルの近くに置いて起き、おむつも手の届く場所に用意しておきましょう。また準備するのは赤ちゃんの服だけではありません。

赤ちゃんの湯冷めを気にするあまりお母さんが湯冷めして風邪をひいてしまったとならないように、お母さんがとりあえずでも羽織れるものなどを用意しておくとよいでしょう。

 

 

入浴の前には入浴後に首尾よく作業が進むように、完璧な準備をしておくことが必要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/21-012061.php?category=51])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方

ぐっすり眠ることは風邪予防にもとても大切。そのためにはお風呂で冷えた体をじっく...

魔の2歳児のお風呂は大変…お風呂タイムでイヤイヤが発動したら、どんなふうに乗り越えるべき?

 「魔の2歳児」って聞いたことはありますか? 2歳児の育児を経験したママ・パパ...

お風呂の体験談

ママ1人でお風呂どうやって入れる?我が家の入浴方法

パパの帰りが遅く、子どものお風呂をママ1人で入れるという人少なくないと思います。 みなさんはどうや...

2人育児!2人いっぺんにお風呂に入れる我が家のやり方。

我が家の子どもは2歳と0歳の二人。 パパは帰りが遅いので、お風呂はわたしが一人でいれます。 これ...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る