カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 大腸がん >
  4. 便潜血は重大な病のサイン!?便潜血が陽性…様々な病気が潜んでいる可能性が

ガン・悪性腫瘍

便潜血は重大な病のサイン!?便潜血が陽性…様々な病気が潜んでいる可能性が


便潜血が陽性になるのは大腸がんだけではありません。
便潜血が陽性だと疑われる病気などについてまとめてみましたので、参考にしてください。


●大腸ポリープ

大腸ポリープは、いぼのような突起物が大腸内にできることです。
小さいうちは良性ですが、5ミリを超えるような大きなものは悪性をともなうことがありるので切除する必要があります。
初めのうちは良性であったとしても、大腸がんに変化する可能性もありますので、早期に治療、定期検査が必要です。
内視鏡検査で発見された場合、大きさにもよりますがその場で切除できることが多いです。

 

●大腸がん

大腸内にできる悪性腫瘍です。肺や肝臓への転移の可能性も非常に高く、命に関わる重大な病です。見、早期治療が必要となります。
食生活の欧米化によって発症者が徐々に増えてきています。特に動物性脂肪を好んでよく食べる人には要注意です。
ポリープと同様、大きさによっては内視鏡の際に切除することも可能です。
目に見えないがん細胞をなくすためにも、化学療法や放射線治療を継続して行います。

 

●痔

肛門周囲の細い血管が、立ち仕事や便秘、冷えなどによって膨れて痔になります。
症状によって名称が異なり、いぼのようなもののできる痔核や切れてしまう裂肛、肛門周囲に膿がたまる痔ろうがあります。


●潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に炎症ができるもので、直腸から腸全体へと広がります。
原因不明のため、難病と指定されています。比較的若年層に多い病気です。
症状としては下痢や便潜血、初音ん、貧血、体重減少など大腸がんと同じような症状があらわれます。

 

便潜血検査で陽性反応が出たら大腸がんと思っている人が多くいますが、他にもたくさんの病気が潜んでいることを忘れないでください。
便潜血陽性反応が出た患者さんの中でも、4%近くに大腸がんが発見されています。
便潜血の陽性反応がみられたら、必ず精密検査を行いましょう。
また、症状がなくとも年に1度は便潜血や内視鏡などの検査を行うことをおすすめします。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2014/02/15-385899.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸がんに関する記事

大腸がんの手術後に起こる便の不具合ってどうすればいい?

  比較的早期に発見し治療を開始できる大腸がんでは、選択する治療法やがんの状態...

大腸がんの治療に必須!大腸がんの各ステージについて

  大腸がんの診断確定のためには、大腸内視鏡検査が必須です。他にも大腸がんが疑...


大腸がんの再発のサインは?再発・転移を早期に発見するために

がんを手術で取り除いて、治療は終了したものの、再び増殖して再発・転移すること...

大腸がんの発生を抑制する「黒にんにく」とは?

  「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」とは?   「がん...

カラダノートひろば

大腸がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る