カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. ムチ打ちの後遺症、どんなものが残りやすい?

気になる病気・症状

ムチ打ちの後遺症、どんなものが残りやすい?

 

ムチ打ちは単純に首の痛みでおさまらない場合が多く、ムチ打ちを生じた際の衝撃によって、首の神経が損傷していたり圧迫されるようになったりするため、様々な症状があらわれますし、その後、後遺症として残っていく可能性があります。

 

ムチ打ちの後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。基本的にムチ打ちで生じる症状全般はそのまま残っていけば後遺症となりますが、比較的多く見られる後遺症について見ていきましょう。

 

肩や首のこり

ムチ打ちを生じて一番長引くとされているのが肩や首、そして背中にかけてのこりです。あるいはこのこりを痛みと表現する人もいるかもしれませんが、後遺症として残るこの症状は様々な影響を及ぼします。というのも、肩や首は頭部との血液の授受を行う中継地点であり、コリによって血流が悪くなると脳に影響を及ぼすのです。

ひいてはこれは全身の内臓機能に影響を及ぼすことになるのです。また、こりは生活の中で体の使い方のクセによって促進させている可能性もあります。

 

めまい

ムチ打ちを生じてめまいに悩む人は多くいます。そしてしばしばめまいは後遺症として残っていきます。めまいとひと口に言ってもその性質によって色々と分けることができ、外界がぐるぐると回っているような真性めまいに、立ちくらみなどのクラクラする感覚の仮性めまい、ふらついたりふっと倒れそうになるめまい感というものもあります。

こうしためまいは脳神経特に小脳に障害があるときに出やすいもので、基本的にはめまいを起こしそうな状況を避けたり、めまいを起こしたら休んだりと言った対処法がとられます。

 

こうした症状は後遺症として、ずっと長く残ったり、周期的に見られたり、条件によってあらわれたりします。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362203.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

首に関する記事

頚部痛の原因!離床やストレッチなど「頚椎症」の術後のリハビリテーション

慢性的な頸部や肩のこりや痛みに悩まされている人は、もしかしたら頚椎症の可能性...

診断されにくいけどつらい、ムチ打ちの後遺症

  ムチ打ちは正式には外傷性頚部症候群と言われます。症候群と名前がつくだけあっ...


ムチ打ちで整形外科へ…どんな治療をする?

  日本では交通事故は年間数十万件という単位で起こっています。そのためいつ自分...

ムチ打ちの原因って何があるの?

  ムチ打ちは首に強い衝撃が加わることで起こります。強い衝撃が加わるという条件...

カラダノートひろば

首の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る