カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. 40代以上から多い乳がん*早期発見の方法と自己検診の注意点!パセリに含まれる成分が乳がんを防ぐ?

女性のカラダの悩み

40代以上から多い乳がん*早期発見の方法と自己検診の注意点!パセリに含まれる成分が乳がんを防ぐ?

50代女性でも、『マンモグラフィー検診』単独では3割が乳がんを見逃されている 

近年、栃木県保健衛生事業団がまとめた報告によると、乳がん検診によって乳がんと診断された40代女性のうち約2割、50代女性のうち約3割が、『マンモグラフィー検査ではがんが見逃された』といいう事実が発表されました。診断された女性が乳がんを発見したのは、いずれもエコーによる超音波診断であったとされています。マンモグラフィーは乳房の脂肪部分は黒く写り、腫瘍部分と乳腺組織は白く写るため、若年層や40代以上でも乳腺密度の濃い人はがんが隠れて見つけにくいとされています。

乳腺密度は女性ホルモンと関係しているため、年齢が上がるにつれ薄くなり、マンモグラフィーの効果は上がると見られますが、今回の報告では【マンモグラフィーと超音波検診の併用が必要】と考えられています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

マンモグラフィーとエコー検診の違いって? 

以前日本の乳がん検診と言えば、『乳房触診』のみが一般的でありましたが、現在では『触診とマンモグラフィー』又は『触診と超音波検査』が主になっています。

 

◆マンモグラフィー検査とは

乳腺専用のX線装置を用いたレントゲン検査で、圧迫板と呼ばれる板に乳房を片側づつ上下または左右から圧迫し、厚さ4~5cm程度まで平たくして撮影する。その為、乳房に痛みを感じることもある。計4回ものX線曝射が必要。【腫瘤や石灰化、乳腺のゆがみ】の状態が確認される。

 

【長所】

触診や超音波でしこりを認めない乳がんでも、石灰化や乳腺のゆがみとして乳がんを発見できる。

【短所】

・乳房を圧迫するため、痛みを伴うことがある。

・年齢、正常乳腺量の個人差により、画像が白く写り、腫瘤が隠れて詳細な診断ができないことがある。

・妊娠中またはその可能性がある時は検査不可能。

 

◆超音波検査(エコー)とは

診察台の上に仰向けになり、皮膚にゼリーを塗って、プローブ(端子)をあて、乳房の内部を観察する検査です。痛みはなく、体への負担はほとんどありません。数mmの小さな腫瘤(しこり)を見つけたり、しこりの性状が詳しくわかる検査です。細かい石灰化は見えません。

 

【長所】

・数ミリの小さなしこりを見つけやすい、しこりの性状がわかりやすい。

・石灰化の性状や範囲がわかる。

・妊娠中でも可能な検査である。

【短所】

 ・細かい石灰化や性状、範囲は確認できない。 

 

年齢に応じて検診内容・回数を変えることが必要 

厚生労働省によると、『40歳以上では2年に1回』乳がん検診を受けることを勧めています。しかし、医師によると、

◆40歳以上は・・・

1年に1回(触診、マンモグラフィー、超音波検診全て)の受診を勧めています。

◆20~30代は・・・

1年に1回(触診と超音波検診)、3~5年に1回(マンモグラフィー検診)の受診を勧めています。

 

⇒いずれの場合も、初回検診は【触診、マンモグラフィー、超音波検診全て】を受け、乳腺外科医師と相談することが必要、とされています。

 

最後に

近年の研究によると、血縁者に乳がん発症者がいる場合、乳がんの罹患リスクは非常に高まるとされています。乳がん発症にはある遺伝子の存在が関係しており、その遺伝子がある場合、通常の16~25倍までリスクが跳ね上がるとされています。可能性のある場合は検診方法や回数を良く医師と相談し、対策を決めることが重要です。

 

 

ピークは40代後半!乳癌の早期発見の方法と自己検診の注意点

 

女性で最も発症率の高い癌

乳がんにかかる人は年々増加しており、女性では肺がんを抜いて発症率が最も高い癌になりました。

年間、約1万2000人が死亡しています。

とはいえ、早期発見と治療法の進歩で治る率は向上しており、80~90%の人が5年以上生存することができます。

 

乳がんは、からだの表面にあるので、自己検診による早期発見が可能です。

また、進行がゆるやかなので、癌と診断されてからも、本人が納得して治療を受ける時間が十分にあります。

 

女性ホルモンの分泌期間が長いと発症しやすい

乳がんは30代後半から急激に増え始め、ピークは40代後半です。

最近は閉経後の乳がんの増加も目立ちます。

まれに20代にもみられます。

 

発症には女性ホルモン(エストロゲン)がかかわっていて、女性ホルモンの分泌期間が長いと危険性が増します。

 

初経が早い、閉経が遅い、出産経験がない、初産が30歳以上…などの女性は乳がんになりやすいと言われています。

 

近年の晩婚・少出産傾向や、食事の欧米化などが影響して、日本でも乳がんが増加していると考えられています。

 

閉経後の肥満、アルコール、乳がんになりやすい体質の遺伝なども要因となります。

 

乳がんの症状

最も多い症状は、しこりです。

 

乳房の大きさが左右違う、乳房が赤くなる、乳首の部分が赤くただれる、皮膚がごわごわとかたくなる、などの症状にも注意しましょう。

痛みや分泌液がみられる場合もあります。

また、癌が内側から皮膚を引っ張るため、乳房にえくぼのようなくぼみができることがあります。

 

乳がんの進行は比較的早期に脇の下のリンパ節に転移します。

その場合は、脇の下に腫れや違和感があります。

 

乳がんでは全身症状はあらわれません。

自分で見たり触れたりして乳房の状態を調べることが、早期発見につながります。

ただし、自己検診を過信せず、医師による検診も定期的に受けることが重要です。

 

症状がある場合は必ず専門医(乳腺外科、乳腺科、外科)を受診してください。

 

自己検診の注意点

生理が終わって2~3日後くらいに、また閉経後では毎月、日を決めて自己検診を行いましょう。

 

鏡の前や寝床で、乳房全体をくまなく調べます。入浴中に調べるのもいいでしょう。

最初はわかりにくいのですが、2~3回行っているうちに指先が乳房の状況を覚えて、異常に気付くようになります。

 

 

セルフチェックのために!知らないと気づけない、乳がんの痛み・皮膚の引きつり

胸は女性を象徴する部位のひとつであり、それをなくすというのは精神面で非常につらいことです。ですから乳がんの発症は、そうした精神的な意味では最も憂慮されるがんかもしれません。

 

北斗晶さんに突然降りかかった乳がん

乳がんのしこりは1㎝になるのに7~8年かかるとされています。がんの中では増殖のスピードは遅く、そのため早期発見し、治療によって良い結果を得られるがんでもあります。さらに外から触って判断できるような場所にできる分、検査もしやすく他のがんと比べれば、検診の意味が大きいがんなのです。

 

しかしタレントの北斗晶さんは、検診を毎年受けていたにもかかわらず、乳がんを発症し、片方の乳房を全摘出しなければならなくなりました。今の時点でガンの種類は公表されていませんが、進行の早いがんで、1年で急激に大きくなってしまったのだそうです。

 

 

どんな症状?どうしたら気づけた?

先にも書いたように、胸は外から触って中の状態をある程度確かめられる場所です。また、何かあれば痛みを感じたりすることもできる場所です。鏡で見ても形や皮膚の変化を見てとれますよね。実際北斗晶さんの乳がんにおいても、症状があったそうです。

 

実際のその症状から、乳がん全般で見られる症状を見てみましょう。

 

・うつ伏せになったときに感じる「チクッとした痛み」

乳がんでは痛みがないケースもありますが、痛みから発見されるケースも多くあります。

 

ただ、乳房に感じる痛みは良性の乳腺炎の場合がほとんどです。そのため元々乳房炎などを持っている方は、乳房の痛みに慣れてしまっている方もいるのではないでしょうか?

 

乳がんでの痛みは、がんが浸潤を始めた(広がり出した)頃に生じることもあるそうです。また、炎症性乳がんというまれな乳がんのケースでは、乳頭やその周辺の皮膚が熱を持ち、痛みが生じます。

 

・乳頭の場所が違うような、「引きつっている」ような感じ

次に北斗晶さんが感じた症状は、乳房が引きつっているような感覚でした。これを「年齢によるたるみ」と判断したようですが、実際はがんが乳頭の真下近くにできていたため、自分で確認できなかったようです。

 

乳がんが浸潤していると、見た目として皮膚が引きつったように見えることがあります。同時にえくぼ状のへこみがしょうじることもあります。また、乳頭の近くにがんの細胞がある場合、乳頭が陥没することもあります。

 

 

検診+セルフチェックの重要性

毎年検診を受けて入れば乳がんについては安心と思うのは当然です。この安心感にプラスして、北斗晶さんのケースではしこりも確認できず、自己チェックの難しさがありました。

 

検診を受けていれば安心、自己チェックをしていれば安心とは言いきれません。そのことを知っているだけでも、乳がんへの対策としては意味があるでしょう。

 

パセリに含まれる成分が乳がんを防ぐ?ポリフェノールの一種「アピゲニン」の効果

パセリには多くの女性にとってうれしい成分が含まれています。今回はその女性にとってうれしい成分のうちミズーリ大学コロンビア校(MU)「セロリやパセリで見つかるアピゲニンは、更年期障害を緩和する目的で使用される合成ホルモン(プロゲスチン)によって進行する特定の乳がんの腫瘍を縮小することができるかもしれない(Apigenin Induces Apoptosis and Blocks Growth of Medroxyprogesterone Acetate-Dependent BT-474 Xenograft Tumors)」という報告を参考に紹介します。

  

アピゲニンとは?

アピゲニンとはポリフェノールの一種です。フラボノイド系の分類に属しており、パセリやセロリに多く含まれます。

 

プロゲスチンとは?

黄体ホルモンと同様の作用を持つ人口的に合成されたホルモンです。利用される内容としては経口避妊薬として利用されたり、子宮内膜症の治療に利用されたりします。

 

どのような実験が行われたの?

この実験は乳がん細胞を移植したマウスで行われた実験です。この乳がん細胞を移植したマウスを3グループに分けます。1グループにはプロゲスチンの一種である酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)とアピゲニンを与えます。もう1つのグループにはMPAのみを与え、残りのグループにはアピゲニンもMPAも与えないようにします。このグループをそれぞれ比較すると、MPAのみを与えたグループではMPAを与えなかったマウスと比べ、アピゲニン乳がんへの腫瘍の成長スピードは速いといった結果となっています。MPAとアピゲニンを与えたマウスは、MPAを与えなかったマウスと比較して乳がん細胞の増殖は抑えられているといった結果となっています。アピゲニンがなぜ乳がんを抑えるかはわかっていませんが、アピゲニンはがんの発達に関連する遺伝子の発現(遺伝子の働きを表面上に出す作業)を減らし、がんの細胞増殖を妨げたり、細胞死(悪性に変わった自らの細胞を殺す作用)を引き起こすと考えられています。

 

 

このようにパセリには乳がんを抑制する成分が含まれる可能性があります。簡単に摂取でき、お金もそれほどかからないので、積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88-%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%95-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-259004/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

乳腺超音波検査!良性腫瘍と解った場合でもマンモグラフィーで検査を!乳腺症や乳腺炎とは

乳がん検査や定期検査で超音波検診・マンモグラフィーなどをおこなった結果、“乳...

乳腺エコー検査の費用はどれくらい?乳腺症って?良性?悪性?胸の腫瘍の詳しい検査は?

  乳がんの検査などでおこなう、乳腺超音波検査。何も異常がないと思っていたにも...


最新乳がん治療法とは?リンパ節転移の有無を調べる方法とは

  『メスを使わず日帰り可能』、最新の乳がん治療法とは?  現在、乳がん...

ほくろが多いと乳がんになりやすい?○○がほくろを増やしてしまう…乳がんに関する真偽

ほくろの数が、病気の指標になるかもしれません。皮膚にできるほくろは日常的にそ...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

乳房の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る