カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. SFTSウイルス >
  5. 京都府・東北・関東でも注意を!マダニ由来ウイルス『SFTS』

気になる病気・症状

京都府・東北・関東でも注意を!マダニ由来ウイルス『SFTS』

 

『SFTS』感染が全国に拡大、未だ治療薬は無し

 

2013年1月に始めて国内において『SFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルス』の患者が確認されたという報道がありましたが、先日新たに国立感染研究所に調べで、患者が報告されていない【京都府・東北・関東のマダニ】からもウイルスが検出されたことが明らかになりました。感染者数は、現在(2014年2月)までで52人、死亡者数は21人と報告されています。

 

SFTSとは、マダニを媒体としたウイルス感染症で、【発熱、下痢、リンパ節の腫れなど】の症状が現れ、重篤化すると死亡する例も報告されています。現在、有効な治療法やワクチンはなく、致死率も10%~30%と言われていることから、厚生労働省なででも可能な限り感染する状況を避けるよう注意が促されています。以下では、その詳細についてご説明したいと思います。

 

SFTSとは?

 

<SFTSとは?>
SFTS(severe fever with thrombocytopenia syndrome:重症熱性血小板減少症候群)ウイルスは、【ブニヤウイルス科フレボウイルス属】に属するウイルスの一種で2009年頃から中国で発生が確認されています。これまでに数百の発症例が確認されています。生息地域はアメリカ、アジア、オセアニア諸国と広いとされていますが、今回国内感染者にこれらの国への渡航履歴は無く、感染源が未だ特定されていない状況です

中国や他国で確認されたウイルスとは遺伝子が一部異なっていることから、日本に既存していたウイルスと見なされています。犬や猫自身がSFTSを発症した事例はまだ無いようです。飛沫感染はほとんど見られないとされていますが、血液・体液による接触感染例は報告されています。


<症状は?>
感染後、潜伏期間6日~14日を経て、38度以上の発熱や消化器系への症状が発生します。重篤化すると死亡の可能性もあり、致死率は10~30%であると考えられています。
症状は、主に風邪に似た症状を呈します。

⇒【発熱・嘔吐・消化器官症状・血小板、白血球減少・血尿・血の混じった慢性的な下痢】

 

<感染経路は?>
【マダニの特徴】『フタトゲチマダニ』など、固い外皮に覆われた比較的大型(吸血前で3~4mm)のダニ。(食品や寝具などに発生する『コナダニ、ヒョウダニ』などの家庭内生息ダニとは種類が異なる)
【生息場所】日本全国の屋外(森林、草地、公園など)、市街地周辺、ペットにも生息。

 

感染予防対策について

 

上記でも述べましたが、現在SFTSへの有効な治療法は確立しておらず、ワクチンもない状況であるので、感染しないよう予防することが重要です。


<具体的な対策方法>
◆服装・行動
1)山や、森林、草むらなどに入る時は、長袖、長ズボン、手袋、長靴などを着用し、肌の露出を避ける。
2)色の薄い服を着てダニを発見しやすくする
3)『DEET(ディート)』などの有効成分が含まれた虫除け剤(※)を使用する、含まれた衣類を着用する。
4)長時間地面に直接寝転んだり、座ったりするのは止める


(※虫除け剤・・・目、口、耳、傷がある部位など皮膚が過敏な部位には使用しない。乳幼児、小児に使用する場合は注意が必要。)

 

◆ペット対策
1)犬や猫などペット用の『マダニ駆除・予防薬』を必ず使用する。(フロントラインプラス、アスピスフォルテ、フィドガード等)
2)野良犬や猫などに接触しない。

 

<もしマダニに刺されたら?>
『無理に引き抜かないことが重要。』
マダニ類の多くは、皮膚取り付くとしっかりと口器を突き刺して、長時間(数日から~10日間)吸血します。無理に引き抜こうとすると、マダニの一部が皮膚内に残ったり、ダニの液体による感染が起こる可能性があるので、できる限り直接手で取る、つぶすなどを行わないようにする

 

⇒吸血中のマダニに気が付いた際は、速やかに医療機関を受診する。

 

最後に

 

マダニの活動時期は春~秋にかけて活発化するようですので、草地や公園、または自宅の庭などの身近な場所であっても念のため肌を露出させないなどの対策が必要です。特にペットがいる場合には、非常にマダニが付きやすいので予防薬を使用するなど、今から対策を怠らないようにしましょう。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A-%E8%8D%89-%E6%9C%A8-%E5%85%AC%E5%9C%92-227007/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

SFTSウイルスに関する記事

SFTSウィルスが日本で初めて感染確認!

SFTSウィルスが日本で初めて感染確認   SFTSウィルスの感染による重症熱...

特効薬のないSFTSウイルス…ダニ対策で予防しよう!マダニに噛まれないようにするためには?

  最近日本でも発症例が確認され、今後の感染拡大が懸念されている重症熱性血...


対処を間違うと死に至る?SFTSウイルスの国内分布調査結果

  2011年に発見されたSFTSウイルスに感染しても1週間程度は症状が出ない...

草むらに潜むマダニ感染症に注意を!「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の予防法

春~秋にかけて、野山に生息するダニなどが媒体となりウイルス感染を引き起こす「...

カラダノートひろば

SFTSウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る