カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 時間と共に変化するムチ打ち症状の原因って?

気になる病気・症状

時間と共に変化するムチ打ち症状の原因って?

 

首を固定してしばらくの間安静にすることが求められるムチ打ちは、どういった原因で起こるものなのでしょうか。

 

ムチ打ちの症状は長い

ムチ打ちの症状は3ヶ月、6ヶ月で大きく分けることができます。ムチ打ちはその日には症状が出ませんが、翌日あたりに首の痛みなどの症状が見られるようになっていきます。

初期の症状で治療があっていればほとんど3ヶ月以内に治ってしまいます。もちろんそれ以上時間がかかる場合もありますが、6ヶ月を超えても残る症状に関しては後遺症として症状が残っていると判断されます。

 

初期:首に強い衝撃が加わって

首は体と脳をつなぐ大切なジョイント部分です。その首に衝撃が加わると大切な首を守ろうと、筋肉が反応して衝撃を和らげようとします。

しかしムチ打ちの原因となる衝撃は、筋肉が反応する時間もなく首に伝わってしまい、そのまま関節に届いてしまいます。

それによって関節周辺が強い炎症を起こします。これが初期の首の腫れや痛み、しびれの原因となる部分です。

 

その後:あらわれてくる症状

ムチ打ちの原因になる衝撃を受けたときは、一気に首の姿勢を変えられます。多くの場合本来S字型の首の骨が一瞬真っ直ぐになるのですが、この状態は体にとって強い緊張状態を引き起こすものです。

この緊張は衝撃を受けた後になって次第に腰痛や肩の痛み、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、といった症状が出てくる原因になります。

 

さらに:体全体に

こうした症状をかばいながら生活したり、体が無理な姿勢になってい生活していると、全身的な骨格のゆがみ、血流の障害などが見られるようになっていき、事故とは関係のない部分まで支障が出てくるようになるのです。

 

それぞれの症状の原因は、少しずつ異なりますが、二次的な症状を起こさないためにも、最初の原因を正しく治療することが求められます。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025077.php?category=279])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

首に関する記事

ムチ打ちの後遺症に精神症状もある?

  交通事故に遭った人が、首を固定するためのカラーをまいているのを見たことがあ...

知っていますか?交通事故の後から出てくることが!むちうちの症状と治療法 

事故などで起こりやすいむちうち。医学的には、外傷性頸部症候群または頸椎捻挫と言い...


ムチ打ちの後遺症、どんなものが残りやすい?

  ムチ打ちは単純に首の痛みでおさまらない場合が多く、ムチ打ちを生じた際の衝撃...

首から肩にかけて痛みが!頚椎症の初期症状とリハビリテーション

肩がこる、首がこる。よくある症状で、多くの人が経験したことがあるのではないで...

カラダノートひろば

首の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る