カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. 乳酸脱水素酵素(LDH) >
  6. 肝機能障害の可能性も?乳酸脱水酵素が検査項目に含まれる理由

健康診断・健康管理

肝機能障害の可能性も?乳酸脱水酵素が検査項目に含まれる理由

 

乳酸脱水酵素という言葉は聞いたことがないかもしれませんが、LDHという言葉は、血液検査の結果の中で見つけたことがあるかもしれません。LDHはLactate Dehydrogenaseの略で、嫌気的解糖系の最終段階において働く酵素です。逸脱酵素として知られており、医学の分野では重要な臨床検査項目の一つであるとされています。

 

乳酸脱水素酵素の値が上昇するプロセス 

 

乳酸脱水素酵素は肝臓に問題がある場合、細胞が破壊された際に血中内に溶け込む性質があります。そのため、血中内における乳酸脱水素酵素の濃度上昇は肝障害の可能性があると言われています。心筋梗塞や感染症などでも上昇が見られますが、それだけではなかなか特異的な値とはいえないため、診断の参考にはならないとされています。

 

しかし、この値の上昇においては悪性リンパ腫などの悪性腫瘍の場合もありますので、血液検査においてはスクリーニングのための検査項目として、健康診断の検査に含まれます。

 

アイソザイムとは? 

 

乳酸脱水素酵素の中には、5種類のアイソザイムがあります。アイソザイムとは働きが同等で構造が異なる酵素のことです。乳酸脱水素酵素の値に異常値が見られた場合、アイソザイムの検査を行うことがあります。精密検査の際は、このアイソザイムの内訳について詳しく分析します。

 

乳酸脱水素酵素は他には心筋・骨格筋・腎臓・脾臓にも分布していますので、乳酸脱水素酵素の値が高い場合は、肝臓以外にもこれらの組織の問題も疑ったほうが良いでしょう。

 

 

以上のように、乳酸脱水素酵素は肝機能障害や悪性リンパ腫など様々な疾病の可能性を示す場合がありますが、この値だけでは直接的にどの病気か不明ですので、血液検査で引っかかった場合には精密検査を受けたほうが良いでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/16-377309.php?category=170)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳酸脱水素酵素(LDH)に関する記事

肝臓や心臓の病気を特定するLDHアイソザイム分析とは?

  乳酸脱水素酵素は血清の中に存在している酵素の一種で、肝臓や心臓、腎臓などに...

LDHの数値が異常?!そもそもLDHって?どんな病気のリスクがあるの?

  採血の検査結果で、LDHの数値が高いと指摘されたり、結果用紙に“注意・...


LDHの数値に“経過観察”の指示?!どうすれば良いの?まずは再度検査を受けることが大切!

  会社の健康診断を受けた後、もらった検査結果を見て、“経過観察”や“要注...

体の異常を数値に表した「LDH」…LDHアイソザイム分析検査でより詳しく検査できるんです!

  健康診断などの検査を受けた結果、LDHの数値が高かった・・・という方は...

カラダノートひろば

乳酸脱水素酵素(LDH)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る