カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 肝機能 >
  5. コリンエステラーゼ(ChE) >
  6. 肝臓機能に異常?コリンエステラーゼの値でわかる病気

健康診断・健康管理

肝臓機能に異常?コリンエステラーゼの値でわかる病気

 

コリンエステラーゼという名称を知っているでしょうか。コリンエステラーゼ とは体内で働く酵素の一種です。コリンエステラーゼは検診や人間ドックなどでも測定される値ですが、この値を測ることで、様々な病気の可能性について判断ができます。

 

 

コリンエステラーゼとは 

 

コリンエステラーゼは、コリンエステルという物質をコリンと酢酸に分解することによって、たんぱく質を作り出すという性質があります。コリンエステラーゼには2種類あり、血清・肝臓・すい臓・腸などに含まれている偽性コリンエステラーゼと、赤血球や筋肉・神経組織に含まれる真性コリンエステラーゼがあります。健診で計測するのは偽性コリンエステラーゼの方です。

 

コリンエステラーゼは、肝臓だけで合成されます。そのため、アルブミンなどと同様に肝臓の異常を指し示すが、コリンエステラーゼはその中でも、いち早く異常値を示すという特徴があります。コリンエステラーゼの測定によって、以下のような病気をの可能性を調べることができます。

 

・脂肪肝

・糖尿病

・原発性肝がん

・甲状腺機能亢進症

・慢性肝炎

・肝硬変

 

コリンエステラーゼの基準値

 

コリンエステラーゼの基準値を確認する際にはまず測定法や単位に注意することが大変重要です。

 

ベンゾイルコリン法の場合:1100-1900IU/I

フェノールレッド法の場合:0.6-1.2△pH

ブチリルチオコリン法の場合:1900-3800IU/I

 

 

コリンエステラーゼの基準値については様々な方法があるので、異なる医療機関で測定した場合には、この点にはしっかり注意しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/16-377307.php?category=170)

著者: BoroughHallさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

コリンエステラーゼ(ChE)に関する記事

コリンエステラーゼの見方をしっかり理解しよう!

  コリンエステラーゼは、コリンエステルをコリンと酢酸に分解する作用があり...

低値も高値も危険!コリンエステラーゼ値から考えられる病気って?

  コリンエステラーゼというのは真性コリンエステラーゼと偽性コリンエステラーゼに...


聞きなじみのないコリンエステラーゼ(ChE)の項目…この数値で何が分かるの?

  健康診断の結果をよく見ると、いろんな項目が並び、どれも難しくて普段聞き...

コリンエステラーゼを調べる酵素検査…検査で分かる疾患はどんなものがあるの?

  肝疾患や有機リン中毒の疑いがあった場合におこなう検査に“酵素検査”とい...

カラダノートひろば

コリンエステラーゼ(ChE)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る