カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. その他 >
  5. 酔いの段階を飛ばしてしまうアルコール中毒!

気になる病気・症状

酔いの段階を飛ばしてしまうアルコール中毒!

 

急性アルコール中毒などによる死亡事故は、毎年報告されています。

楽しいはずのお酒の席でどうしてこうした事態が起こってしまうのでしょうか。

 

どうして起こる?アルコール中毒

口から摂取されたアルコールは胃や腸から吸収され、やがては血液中に入って全身を巡るようになります。

このときの血中のアルコール濃度とアルコール中毒は深く関係していて、血中のアルコール濃度が高くなることでアルコール中毒は発生します。

このアルコール濃度はアルコールを口にしてから30分~1時間ほどの時間をかけて上がってきます。

そのため、ゆっくりとお酒を飲んでいれば自分の酔いを感じられるため、「酔いすぎたからこれくらいにしておこう」となれるのですが、一気に飲んでしまうとそれを感じるひまがなく、気づいたときには自分の限界以上にアルコールを摂取していたということにもなりかねないのです。

 

本来の酔い段階

もう少し酔いについて詳しく書きます。本来ゆっくりとお酒を飲んでいれば酔いの症状は以下のように順番にやってきます。

爽快期→ほろ酔い期→酩酊期→泥酔期→昏睡期

これらの症状は見られる症状と共に、上記の血中のアルコール濃度を元にわけられているもので、少しずつ濃度が上がることでこうした段階を踏むことになります。

そのためその過程で飲み過ぎに気づくことができるのですが、一気にアルコールを飲むなどしてしまうと、こうした段階を飛ばして、気づいたら泥酔期や昏睡期まで達していたということになるのです。

 

泥酔期は意識がはっきりせず、言葉もうまく出てこない状態ですが、昏睡期になると既に命が危険な状態です。

この状態に達する量を飲んでいるのにまださらに飲むと考えると、急速にアルコールを体に入れることがどれだけ危険な行為か分かると思います。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/03/24-034853.php?category=173])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

お酒を飲むと赤ら顔がひどくなる?赤ら顔と肝臓の関係は?

 赤ら顔には、色んな原因がありますが、その中の一つとして生活習慣が挙げられま...

急性?慢性?アルコール中毒って?

  飲み会の席などで「イッキ」に乗って短い時間で大量の飲酒をし、それによって急...


3D酔いをやっつける為のトレーニング!

    せっかくゲームを買ったのにプレイするたびに3D酔いして気持ち悪くなる...

3D酔いしやすいゲームって?

  3D酔いというと、ゲームの技術が進歩したことによって起こす人が増えてき...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る