カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. その他 >
  5. アルコール中毒で倒れたら!?正しい対応を知っておこう!

気になる病気・症状

アルコール中毒で倒れたら!?正しい対応を知っておこう!

アルコール中毒とだけ言うと、急性アルコール中毒を指すことが多いようです。飲酒、しかもみんなで楽しく飲酒をするような場面では、一気飲みをすすめたりすることによって急性アルコール中毒を生じることがしばしば見られます。

 

急性アルコール中毒のときの死因

急性アルコール中毒から死亡につながってしまう事故は後を絶ちません。中でも死因として大部分を占めているのは以下の二つです。

 

・嘔吐物による誤飲や、舌根沈下などによる窒息死

・アルコール濃度上昇による脳障害からの呼吸停止

 

いずれにしても迷わず救急車を呼んだ方がよいですが、窒息死などは周囲の人の介抱によって防げることでもあります。

 

急性アルコール中毒のときの正しい対応

救急車

激しく嘔吐をしたり呼びかけに反応しなかったり、また失禁が見られたり明らかに呼吸などの生体反応が微弱になっている場合には、救急車を呼ぶ必要があります。また、判断に迷ってしまうようなら119番にかけてしまった方がよいかもしれません。

 

体を横向きに

上記の窒息の可能性を減らすため、嘔吐をしても口の中にたまらないよう体を横にしてあげましょう。このときにあごを少し上げて気道を確保することも大切です。

 

体を冷やさない

アルコールは摂取直後は体温が上がるかもしれませんが、時間が経つと体温が低くなっていきます。そのため毛布やコートなどで温かくしてあげることも必要です。

 

こうした対応をしても待つしかない

薬物の過剰摂取などであれば胃を洗浄して体に取り込まれる量を減らすことがありますが、アルコールは吸収速度が速いため、胃洗浄は意味がありません。

 

アルコールに対して有効な解毒剤もありませんから、体内で分解されるのを待つしかないのです。ですから対応が正しくても、過度に飲み過ぎた場合には死に至ることもあります。

 

アルコールは強要したり患者を放置した場合は、場合によっては罪に問われます。毒物と考えれば当然かもしれません。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

画面に慣れて3D酔いを克服!

  3D映画、3Dテレビ、3Dゲームなど続々と発売され、立体映像の大衆化が進ん...

ゲームで3D酔いの症状とは?

  ゲームが好きで長時間3D画面のゲームを操作しているうちに酔ってしまうという...


1人にしないで!飲み会で酔っ払ってしまった人の介抱について

  歓迎会の季節、忘年会の季節などに特に注意したいのはお酒のトラブルです。人間関...

お酒を飲むと赤ら顔がひどくなる?赤ら顔と肝臓の関係は?

 赤ら顔には、色んな原因がありますが、その中の一つとして生活習慣が挙げられま...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る