カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. 冬に多い怪我!スキー・スノボではどんなケガが多い?

気になる病気・症状

冬に多い怪我!スキー・スノボではどんなケガが多い?

 

全盛期よりも少なくなったとはいえ、スキーやスノーボードをする人はある程度いますし、それによる事故もゼロにはなりません。

 

どんなケガが多いの?

スキーで最も多いケガは膝の捻挫とされています。

これは転倒などがあった場合スキーでは膝から崩れることが多くそうしたケガにつながってしまうようで、これに対してスノーボードで最も多いケガは手首や肩の骨折、脱臼とされています。

これはスキーのようにストックを使わないスノーボードで手をついたり肩から倒れたりすることによって起こるようで、スノーボードの方がケガの重症度も重いようです。

 

最も多いのはこれらだとして、他にどのようなケガがあるのでしょうか。

・擦り傷・うちみ・打撲

・骨折

・脱臼・捻挫

・筋、腱、血管の損傷

・刺傷・切傷

・内臓損傷・頭蓋骨損傷

上から順に数の多い順です。

やはり最も多いのは擦り傷やうちみ、打撲といったような軽症で済むものです。

しかし注目すべきは次に骨折が多いということです。骨折、脱臼は骨にかかる力の向きや大きさは同じで、折れるか外れるかの違いだけです。

また、スキー場での事故によって死亡するケースも毎年数件ですがあります。

 

原因は多様

スキー場で起こった事故について原因が分かっているものの方が少ないようですが、分かっているものの中にはジャンプをして着地に失敗し転倒したというものが少なくありません。

また、不注意や技術不足によって他者と衝突してしまうという例も比較的多くあります。

こうした他人との接触によってケガをする人は自分の技術不足を訴える人が多いようで、無理をした結果、ケガをしたりさせてしまったということが多くあるようです。

 

しやすいケガや原因を知ることによってそれに注意することができますので、楽しむと同時にケガを引き起こす事故には細心の注意を払いましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/02/08-345284.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

ケガ別!スキー場での対処法 誰かがケガをしてしまったら…そのときできるコト

  スポーツをしていて絶対にケガをしないということはありませんが、スキーやスノ...

アザが下へ移動する?色も変わる?内出血によるアザの種類と変化

 内出血によってできる「アザ」は、内出血の状態によって色や大きさが異なります...


スキー・スノボは危険?安全?スポーツとしての危険性とは?

  以前は多かったスキー人口ですが、今はスノーボードをしている人の方が多いよう...

スポーツ障害が起こりやすいヒザ…腸脛靭帯炎の症状と特徴とは?

 足、特に膝はスポーツ障害が起こりやすい部位で、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る