カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 出血 >
  5. 安定期にセックスしたら出血が!妊娠中のセックスで心配なのは?注意が必要な出血は○○なとき

妊娠・出産

安定期にセックスしたら出血が!妊娠中のセックスで心配なのは?注意が必要な出血は○○なとき

妊娠していても安定期にはセックスをしても大丈夫なのか、疑問の方もいるのではないでしょうか。セックスが赤ちゃんに影響を与えたり、早産の原因になったりするのでは?と心配な方も多いはず。

 

そんな中、妊娠中のセックスで出血が起きたらパニック!急いで病院に行ったほうがいいのか焦ってしまう方もいるかもしれません。ですが、妊娠中は出血しやすいものなのです。今回は、妊娠中の危険な出血とセックスについてまとめました。

 

妊娠中もセックスしていいの?

妊娠中でもセックスをしても問題ありません。セックスによって流産したり、赤ちゃんに影響することはないと考えられています。

おなかが大きいため、通常と同じセックスはできないかもしれませんが、そこは工夫次第です。

 

ですが、妊娠によって性欲が低下し、妊婦側がセックスをしたくない…する気になれない…ということもあります。

そうしたときに無理にセックスをするのは、妊婦のストレスになるのでよくありません。その際は、パートナーに伝えるようにしましょう。またあまり激しく体に負担をかけるものも控えるようにしましょう。

 

いつもと違う身体ということもあり、妊娠中だから楽しめる体位にチャレンジできることもあります。気持ちが前向きであれば、この期間にセックスを楽しむこともよいでしょう。

 

【体験談Pick Up】妊娠中のセックス体験談

投稿者:tommy2hijosさん

第一子の妊娠時は妊娠2カ月のころに2回出血を伴った以降は、5カ月過ぎてから月に1回あればいい方でした。ただ、担当医から正産期前の数週間のセックスは控えめに、でも正産期に入れば破水を促すこともあるのでどうぞ積極的にしてくださいと言われていたので、正産期に入ってからは週に1~2回するようにしていました。 (一部抜粋)

 

妊娠中のカラダは出血しやすい

妊娠すると子宮口に血管が多く集まり、通常よりも充血した状態になります。また赤ちゃんに必要な血液もママの身体で作られるため、ママの血液量も増加してきます。

 

そのため、セックスのときに子宮口とペニスが直接接触したりすると、血管が破れやす出血しやすい状態になっており少量の出血は起こりやすいもの。ただし、セックスをしてる時に、軽い出血が起こっても慌てる必要はありません。

 

妊娠中のセックスで注意が必要な出血は?

とはいえ、妊娠中なので赤ちゃんに影響がない出血か、どうかは見極めが必要です。もし、数時間経っても出血が止まらなかったり、出血量が増えるような場合には、すぐにかかりつけの産婦人科などを受診するようにしましょう。

 

こうした出血があった場合には、医師がその原因を突き止め、許可が下りるまではセックスは控えましょう。

 

コンドームは着用するべき?

妊娠中は、妊娠をする心配は無いので避妊目的のコンドーム着用はしなくてもいいです。また膣内射精をしても問題ないと言われています。

精液中には、子宮を収縮させる物質や子宮の頚管を柔らかくする物質が含まれます。ただ膣内射精が原因で早産のリスクが高まるという根拠はないようです。

 

コンドームは、感染症の予防として着用するようにしましょう。妊娠中は抵抗力が低下します。そのため、病気感染の危険性が高まり早産を誘発することがあります。また、もしパートナーに性感染症がある場合やその可能性がある時は、必ずコンドームを使うようにしましょう。

 

  • こんな時は気を付けて‼

  • いくら妊娠中にセックスをしてもいいとは言っても、下記のような症状がある場合には注意が必要です。
  • ・過去に流産や切迫流産の経験がある
  • ・過去に早産や切迫早産の経験があるとき
  • ・過去に多胎出産をしているとき
  • ・原因不明の出血がある
  • ・切迫流産・早産の兆候があるとき
  • ・羊膜が破れたとき
  • ・前置胎盤

 

必ずしもNGというケーズばかりではないようですが、気になる場合は、産婦人科医の指示を仰ぐようにしてください。

 

心と身体が喜ぶセックスを

妊娠中のセックスは早産などにつながるのでは、といった不安もあると思います。とくにセックスで出血したらなおさらです。もし出血してしまった場合は、慌てずに出血量をチェックして、病院の受診を見極めるようにしましょう。

 

セックスは、パートナーとの愛情を感じる最高の時間。もし気持ちが前向きにならなかったり、出血に対する恐怖があるようでしたら、素直にパートナーに伝えることをおススメします。パパとママが仲良くしているのは、赤ちゃんにとってもHAPPYなこと。心身共に素敵なマタニティーライフを送ってくださいね。 

 

Photo by:https://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出血に関する記事

妊娠中の不調 ~腰痛~

    妊娠するとホルモンが変化し、腰痛になりやすくなります。   ...

鼻血が出る…これも妊娠症状?胎児への影響は?原因と対策、注意したい妊婦の鼻血って?

妊娠してから「鼻血が出やすくなった」と感じる妊婦さんは意外と多くいます。たかが鼻...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る