カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 出血 >
  5. セックスが陣痛を引き起こすことはない?妊娠中のセックス

妊娠・出産

セックスが陣痛を引き起こすことはない?妊娠中のセックス

妊娠していても、セックスはOKですが、気をつける必要もあります。注意すべき時期や出血について見ていきます。

 

セックスしていい時期は?

妊娠がわかってつわりが激しかったりすると、なかなかセックスも難しいかもしれませんが、安定期に入ればほぼ通常と同じ生活ができます。トラブルがない妊娠であれば、とくにセックスができない時期はありません。

なんらかの妊娠トラブルがある場合には、医師からセックスを控えるようにアドバイスがあるはずです。

 

多めの出血があったらしばらく注意が必要

セックスの時に、ちょっとした出血ではない量の出血があったら注意が必要です。妊娠中は子宮口が充血していて出血しやすいので、かるい出血なら問題ありません。

しかし胎盤の位置が子宮の下の方にあった場合には、胎盤をセックス時に傷つけた結果の出血という可能性があり、出血量も多くなります。

 

この場合にはセックスはしてはいけないのです。こうした診断はかならず医師に診てもらい、安全な妊娠期間を過ごすことも大切です。

早産につながる前期破水も同様です。

 

セックスが陣痛を引き起こすことはない

精液の中には、子宮口を柔らかくして子宮を収縮させるホルモン(プロスタグランジン)が微量に含まれています。これは陣痛を引き起こすホルモンと同じですが、1回の精液に含まれる量では、陣痛が引き起こされる心配はありません。

とくに初めての妊娠のときには心配がたくさんあると思いますが、安定した妊娠であれば、通常と変わらない生活が可能なのです。

 

妊娠初期は流産しやすく、また妊娠に気づかない間の出血は、生理とまちがえていても実は初期の流産、というケースもあります。

こうした流産は実はかなり高い確率で起きていると考えられていますが、これらはセックスによっての流産というよりも、なんらかの異常があった妊娠の場合が多いようです。

 

いずれにしても、女性の出血には注意が必要です。おかしいなと思ったら、病院へ行きましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出血に関する記事

妊娠中の不正出血はやっぱり不安…問題ない出血から危険なサインまで徹底紹介

不正出血は生理以外での出血のことを言います。その出血は妊娠を知らせてくれるこ...

女性特有?妊娠中の歯肉炎…なぜ歯肉炎になるの?○○で予防しよう!

  妊娠中のほとんどの方が歯肉炎になることをご存知ですか? 歯ぐきが腫れていて...

出血の体験談

切迫流産で大量出血!そのあと出血がおさまって一安心

トラブルシリーズもこれで最後です!!きっと・・・初めての切迫流産3回目の妊娠にして初めて大量出血しま...

膣内に傷が?!妊娠25週の不正出血!

1人目のときはそれほどトラブルのなかった妊娠生活でしたが、2人目の妊娠生活ではやはり1人目の面倒を見...

カラダノートひろば

出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る